数学と物理の交差点<br> 電磁気学とベクトル解析

個数:
  • ポイントキャンペーン

数学と物理の交差点
電磁気学とベクトル解析

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年08月14日 05時25分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784320114029
  • NDC分類 427
  • Cコード C3341

目次

第1章 電磁気の物理学(電磁気とは何か;ベクトル場―その視覚的イメージ;基本的な数学の準備;マックスウェルの方程式;電磁力と運動方程式;電磁気の単位とスケーリング)
第2章 電磁気の幾何学(ベクトル(一般的な定義)
接ベクトル
余接ベクトル・微分形式
微分形式と図形の双対性
運動の幾何学的理論
ミンコフスキー時空(特殊相対論))
第3章 電磁気の解析学(力線(流線)の構造
ポテンシャル論
波動論
関数空間)

著者等紹介

吉田善章[ヨシダゼンショウ]
1985年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(工学博士取得)。東京大学工学部専任講師、同助教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授を経て、1999年より東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。専門はプラズマ物理学、非線形科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

電磁気学において数学と物理がどのように絡み合うのか理解することを目指し, 物理学,幾何学,解析学の各視点から電磁気学を解説。