交差流れを診る―ネットワーク流れの可視化に向けて

個数:

交差流れを診る―ネットワーク流れの可視化に向けて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784320071667
  • NDC分類 501.23
  • Cコード C3050

出版社内容情報

「交差流れ」という特殊な未だ解明されていなかった新しい流れを,関連する応用分野別に体系化し学術的にまとめている。

内容説明

21世紀における解明すべき流れの一つにネットワーク流れが挙げられる。本書では、複雑なネットワーク流れの可視化に向けて、その主流を形成する交差流れという未だ解明されていなかった新しい流れを診る形でまとめた。

目次

第1章 交差流れとは
第2章 交差管内の流れ
第3章 X字形交差管以外での交差流れ
第4章 多数の交差流れ
第5章 フリップ・フロップ流れの発現メカニズム
第6章 環境関連問題への交差流れの適用

著者等紹介

梅田眞三郎[ウメダシンザブロウ]
1947年生まれ。神戸大学大学院博士課程(1982年)修了。福山大学工学部教授、学術博士。専攻、流体工学

ウェンジェイヤン[ウェンジェイヤン]
1931年台湾生まれ。ミシガン大学大学院修士課程(1956年)修了。現在、ミシガン大学名誉教授、工学博士。専攻、熱流体工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。