知識情報処理シリーズ<br> 制約論理プログラミング

知識情報処理シリーズ
制約論理プログラミング

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 202p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784320024694
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3341

内容説明

「定性推論」でも取り上げられていた制約処理の問題をより制約論理プログラミングという統一的視野でみたのが、本書の内容である。制約論理プログラミングは、論理プログラミングをより応用寄りに近づける技術として、最近になって世界中で大変注目を浴びている。

目次

制約論理プログラミングの概要
制約解消系
単一化から制約へ
Prolog 3入門
制約論理プログラミング言語CHIP
制約論理型言語の設計
情報の部分性と制約プログラミング
制約概念の応用1 LSI論理設計への応用
制約概念の応用2 計算機室機器レイアウト問題解決へのESPの応用
制約概念の応用3 スケジューリング・エキスパート・システム

出版社内容情報

【解説】
人工知能(AI)開発の強力な方法としてクローズアップされている制約に基づく問題解決を詳述。

【目次】
単一化から制約へ・PrologⅢ入門・制約論理プログラミング言語CHIP・制約論理型言語の設計・制約概念の応用他