ディラック作法素の指数定理

個数:

ディラック作法素の指数定理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月25日 02時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784320015746
  • NDC分類 410.8
  • Cコード C3341

内容説明

本書は、“局所指数定理(local index theorem)”の証明を紹介している。全体の証明の枠組みはキュレン(Quillen)の哲学、「ディラック作用素は接続の理論の量子化である」という原理によっている。指数定理の証明は多くの人々によって簡略化の努力がなされてきた。とくに理論物理との関連からの新しい見方によって見通しがよくなった面はあるが、証明の全体は決して簡単にはなってはいない。そのために初学者は、ときに全体として何をやっているのかわからなくなってしまう危険性がおおいにありうる。そこで指数定理の概略と証明の基本的な考え方のあらましを書いた。

目次

1 作用素の指数
2 多様体論からの準備
3 特性類
4 一般化ラプラシアンと熱核
5 クリフォード代数
6 ディラック作用素
7 局所指数定理
8 幾何学におけるディラック作用素

出版社内容情報

【解説】
本書ではとくに位相幾何学,微分幾何学との関連を念頭において,ディラック作用素のアティヤ・シンガー指数定理の証明,応用を紹介。

【目次】
作用素の指数・多様体論からの準備・特性類・クリフォード代数他