代数幾何入門

個数:
  • ポイントキャンペーン

代数幾何入門

  • 桂 利行【著】
  • 価格 ¥3,456(本体¥3,200)
  • 共立出版(1998/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 64pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 202p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784320015692
  • NDC分類 410.8

内容説明

代数幾何学は代数多様体を研究する学問である。代数多様体とは、簡単にいえば、いくつかの多変数多項式の共通零点の集合のことであり、楕円、放物線、双曲線などの2次曲線はその簡単な例である。対象がこのように基本的なものであるがゆえに代数幾何学は深く研究されており、現在では膨大な学問になってしまっている。EGAおよびこれに続くSGAを初めてひもといたときには、その膨大さに圧倒される。EGAの思想を継承しつつコンパクトに構成しなおしたものとして、HartshorneのAlgebraic GeometryやShafarevichのBasic Algebraic Geometryなどの教科書があるが、まだ分厚い本であり、より手頃な入門書が必要であるように思われる。本書は、そのようなニーズに合わせた代数幾何の入門書である。群・環・加群・体などの大学3年生の標準的な代数学の教程(たとえば、参考文献〔20〕)を学びおえた人が、Hartshorne、Mumford、Shafarevichなどの代数幾何の本格的な教科書を読むための橋渡しの役割をも念頭において執筆した。

目次

1 可換環と代数多様体(環のイデアル;局所化 ほか)
2 層とコホモロジー(層とは何か;層の定義と基礎 ほか)
3 代数多様体の一般論(アフィン代数多様体の構造層;正則写像 ほか)
4 代数曲線論(代数曲線の基礎;リーマン・ロッホの定理 ほか)
5 代数幾何符号の理論(線形符号;代数曲線の有理点 ほか)

出版社内容情報

【解説】
本書は,代数の観点から代数幾何を本格的に学ぶための入口の役割を果たすことを目指している。

【目次】
可換環と代数多様体・層とコホモロジー・代数多様体の一般論・代数曲線論・代数幾何符号他