知の統計学〈2〉ケインズからナイチンゲール、森鴎外まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

知の統計学〈2〉ケインズからナイチンゲール、森鴎外まで

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月11日 09時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 136p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784320015364
  • NDC分類 350.1

内容説明

本書は、数学を好まない読者に配慮し、また、視野をできるだけ広く、歴史的にも地域的にも人物的にもワイドに題材を求めた。

目次

はじめに 統計学の歴史は人間のドラマ
第1章 プラトンと知の不確実性
第2章 世界最古の複式簿記書の著者―パチョーリの確率論
第3章 地球はどの程度の楕円体なのか―ボスコビッチの統計計算
第4章 19世紀、社会物理学を提唱したケトレー
第5章 回帰分析の父―ゴールトン
第6章 ロイズ保険組合の歴史―ヒースの積極経営
第7章 ケインズの確率論
第8章 統計の先達としてのナイチンゲール
第9章 杉享二と日本初の人口統計調査
第10章 森鴎外と統計訳字論争・脚気病研究

出版社内容情報

【解説】
統計学がいかに歴史があり広範にわたり使われていたかを,歴史上の人物を例に挙げて紹介。統計の考え方のみならず世の中の見方をも教示する。

【目次】
プラトンと知の不確実性・世界最古の複式簿記書の著者―パチョーリの確率論・ロイズ保険組合の歴史・ケインズの確率