基準課程 図学

個数:

基準課程 図学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月23日 15時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784320014046
  • NDC分類 414.6
  • Cコード C3041

目次

1章 点・直線の投象(投象の概念;一角法と三角法)
2章 平面の投象(平面上の直線・点の投象;平行平面)
3章 多面体の投象(多面体の投象;多面体の切断)
4章 曲面の投象(単曲面の投象;類似ねじれ面の投象)
5章 立体の相貫(相貫線;多面体と曲面の相貫)
6章 陰影(点の影;錐面の陰影)
7章 標高平面図(点と線の標高平面図;等高線と地形図)
8章 軸測投象と斜投象(軸測投象の概念;斜投象)

出版社内容情報

【解説】
前半で基本的図法である正投象法の基礎理論と基礎的作図について解説し,後半では応用として標高投象・軸測投象・斜投象・透視投象を取り上げた。

【目次】
点,直線の投象・平面の投象・多面体の投象・曲面の投象・立体の相貫・陰影・標高平面図・軸測投象と斜投象・透視投象