岡村昭彦を探して―ベトナム戦争を報じた国際報道写真家の光と影

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岡村昭彦を探して―ベトナム戦争を報じた国際報道写真家の光と影

  • ウェブストア専用在庫が6冊ございます。(2022年08月19日 19時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 408p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784314011921
  • NDC分類 740.21
  • Cコード C0023

出版社内容情報

彼は何を語り、何を語らなかったのか――
1964年、国際的に無名の日本人によるベトナム戦争の写真がアメリカの週刊グラフ誌「LIFE」で特集された。迫真のレポートは大きな反響を呼び、岡村昭彦は一躍、時の人となった。以後、澤田教一をはじめ多くの若者たちがベトナム入りを果たすこととなる。

反戦を訴え、生命倫理を説く岡村の活躍をまぶしく見ていた姪はしかし、現在では定説となっている逸話のところどころに違和感を覚えつづけた。
そして、真の岡村昭彦の姿を求める旅が始まった。


これまで拾われてこなかった声をたどるなかで、ジャーナリストにとって報道写真にとって〈真実〉とは何か、という問いが立ちはだかる。丹念な取材から人間・岡村昭彦が浮かび上がるとともに、その生きた時代が見えてくる。

内容説明

1964年、ベトナム戦争をいち早く報じ、一躍、時の人となった岡村昭彦。反戦を訴え、生命倫理を説くその活躍をまぶしく見ていた姪はしかし、現在では定説となっている逸話のところどころに違和感を覚えつづけた。そして、真の岡村昭彦の姿を求める旅が始まった。彼は何を語り、何を語らなかったのか―。これまで拾われてこなかった声をたどるなかで、ジャーナリストにとって、報道写真にとって“真実”とは何かという問いが立ちはだかる。丹念な取材から人間・岡村昭彦が浮かび上がるとともに、その生きた時代が見えてくる。

目次

はじめに 時代の寵児 一九六四年夏
第1章 記憶の森へ
第2章 岡村昭彦を探して
第3章 語られなかった日々
第4章 戦場にて
第5章 浜名湖畔の別荘
第6章 「兄貴」と「妹」「弟」
第7章 死―一九八五年三月二四日
第8章 それから
あとがき―旅の終わりに

著者等紹介

松本直子[マツモトナオコ]
1952年東京生まれ。1975年早稲田大学第一文学部社会学科、2007年長野県上松技術専門校木材工芸科卒業。岡村昭彦は伯父にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。