芝居半分、病気半分

個数:
  • ポイントキャンペーン

芝居半分、病気半分

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月19日 16時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784314010252
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0011

内容説明

あるときは精神科医、またあるときは劇団員―診察室と稽古場のあわいをゆく演技派エッセイ。

目次

第1章 演技に失敗する人びと(化粧前は楽屋に置け;視線の密度;妄想のひと;「人格」という病;女体という名の服を着て;エンギ記念日;大根役者と呼ばないで;無意識じゃダメ?;残酷;エビスさんの不思議)
第2章 ココロ稼業の舞台裏(アブナイ診断名はこう決まる;飯粒的問題;ココロをカガクする人たち;ぼくの好きな先生;アイカンスピーキングリッシュアリル;精神科医のメディア作法;マイ・ファニー・バレンタイン;探偵のように;雨上がりの青空に;メメント・モリ)
第3章 サイコなお稽古(エンゲキ前夜;ふぅーっ!の女;さんま師匠が教えてくれたこと;ドラマもう一度会いたい!;サイコドラマ・ビギン・ザ・ビギン;ソシオドラマと私たちの自由)
第4章 クリニックという名の劇場(さらば愛しきボス;名前の効用;チラシの愉しみ;クリニックシアターへようこそ;ノース2号の謎;ザ・オーディション!;ダイアルMに廻せ;白衣とスーツとアロハシャツ;見える生活と見えない生活;市々谷の桜)

出版社内容情報

★★★内田春菊氏(漫画家・小説家・女優)推薦!★★★
役者志望の方、悩みのある方必読。ただし著者本人にも悩みは多いようです。

★★★斎藤環氏(精神科医)推薦!★★★
今日を演ずるその勇気が、昨日のアナタを健やかにする。この本を読めばわかること。

【著者紹介】 (やまと ひろゆき)
1957年生まれ。精神科医。専門は児童・青年期の精神保健。2004年に「東京えびすさまクリニック」を開業。それまで劇団・東京乾電池に所属し、脚本・演出も出がけていた。著書に『子どもの精神科』(筑摩書房)など。