数量化革命―ヨーロッパ覇権をもたらした世界観の誕生

個数:
  • ポイントキャンペーン

数量化革命―ヨーロッパ覇権をもたらした世界観の誕生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 20時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 352p
  • 商品コード 9784314009508
  • NDC分類 402.3
  • Cコード C0022

出版社内容情報

ヨーロッパ帝国主義が比類なき成功をおさめたのはなぜか?

ヨーロッパ帝国主義が成功をおさめたのはなぜか? 理由の一つは、中世・ルネサンス期に、人びとの世界の捉え方や思考様式が、宗教的なものから普遍的・効率的なものへと変化していたことだと著書は言う。暦法、機械時計、地図、記数法、絵画の遠近法、楽譜、複式簿記……広範な分野で並行して起こった、数量化・視覚化という革命を跡づけてゆく西欧精神史。

書評で紹介されました。エコノミスト12.16号「ヨーロッパ帝国主義の起源を科学革命に先立って起こった数量化革命に求める視点は、新鮮で説得力に富むものである。」(池内了氏)、東京新聞12/7「見事で大胆な歴史的推測である。本書の著者の構想に匹敵するのは、マックス・ウェーバーのような力量を備えた歴史社会学者だけかもしれない」(佐々木力氏)、日経新聞11/23「ヨーロッパの精神史を、楽しみながらたどることのできる一冊だ」


2003年掲載
日経新聞11/23、東京・中日新聞他(共同配信)10/7、エコノミスト12/16号、日経マスターズ1月号、サンデー毎
日7/4号、ILLUME6月号


第1部 数量化という革命―汎測量術(パントメトリー)の誕生
      第1章  数量化するということ
      第2章  「敬うべきモデル」―旧来の世界像
      第3章  「数量化」の加速
      第4章  時間 - 機械時計と暦
      第5章  空間 - 地図・海図と天文学
      第6章  数学

第2部 視覚化―革命の十分条件
      第7章  視覚化するということ
      第8章  音楽
      第9章  絵画
      第10章  簿記

第3部 エピローグ
      第11章  「新しいモデル」

内容説明

ヨーロッパ帝国主義が比類なき成功をおさめたのはなぜか?理由のひとつは、科学革命に先立つ中世・ルネサンス期に、人々の世界観や思考様式が、宗教的なものから普遍的・効率的なものに変化していたことだと著者は言う。数字、機械時計から楽譜、遠近法まで、幅広い分野に目配りしながら、そうした変化をもたらした数量化・視覚化という革命を跡づけてゆく西欧精神史。

目次

第1部 数量化という革命―汎測量術(パントメトリー)の誕生(数量化するということ;「敬うべきモデル」―旧来の世界像;「数量化」の加速 ほか)
第2部 視覚化―革命の十分条件(視覚化するということ;音楽;絵画 ほか)
第3部 エピローグ(「新しいモデル」)

著者等紹介

クロスビー,アルフレッド・W.[クロスビー,アルフレッドW.][Crosby,Alfred W.]
1931年、ボストン生まれ。歴史学者。オハイオ州立大学、ワシントン州立大学、テキサス大学などで教職を歴任

小沢千重子[オザワチエコ]
1951年、東京生まれ。東京大学農学部水産学科卒。水産庁勤務などを経て、現在、ノンフィクション分野の翻訳に従事している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

キョートマン

14
定性的な物の見方から、定量的な物の見方へ変わったことが西ヨーロッパの覇権をもたらしたことが分かった。この本ではルネサンス期までしか触れられていないが、さらにここ100年でいえば統計的な見方が加わってるんじゃないかと思った。2021/03/07

Hiroki Nishizumi

5
数量化・視覚化のアプローチがすべてを動かした訳だ。実に興味深い。2019/11/20

roughfractus02

4
複式簿記と記数法は定性的世界を静的に定量化し、地図製作と遠近法は三次元世界を二次元に表現し、暦法と機械時計と楽譜は時間に一様な線状表現を定着させた。これらが人間の知覚の中で視覚の優位を突出させる。一方、この3つの発明は近代を開くヨーロッパの帝国化と歴史的な共通点がある。前作『ヨーロッパ帝国主義の謎』でのなぜ帝国主義化が可能なのかという問いに対し、本書は心性(エートス)の側から接近し、数量化という鍵を見出す。では、なぜ数量化が必要なのか、という問いは、数量化する時空を前提に生きる現代の我々に向けられている。2017/02/19

富士さん

4
現実を正しく認識することを放棄して、数量化という仮定を広く取り入れることで世界を巧みに説明することに成功した西洋文明の特徴を論じた超名著です。何度読んでもページを繰る毎に刺激的な発見があり、ゾクゾクします。アニメへの関心から時間や音楽、絵についてへの言及に激しく心動かされましたが、数量化というのは個人の差異を無視してひとりの人間を無条件でひとつの主体として扱ったり、価値に統一単位を当てはめて市場化したりと、民主主義や資本主義の前提となる価値観です。小手先では語りきれない、重大な視点だと思います。2014/10/03

ピリカ・ラザンギ

4
ヨーロッパ帝国主義はなぜ起こったのか?という包括的問題へのアプローチ。思考様式として数を扱う条件があったという観点から書かれた本。ヨーロッパは不安定な時代が長く、敬うべき社会規範の疑いが古い哲学への懐古を生んだ。筆者はまず、時間の計量から、芸術としての楽譜(初めてのグラフ)遠近法、そして経済の複式簿記が、思考様式として数学的考え方が広がったとしている。特に複式簿記はその他の物理、数学の「発見」よりも、社会全体への影響力が強かったとしているのが面白い。2013/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/485541

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。