視覚の文法―脳が物を見る法則

個数:
  • ポイントキャンペーン

視覚の文法―脳が物を見る法則

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月29日 23時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 326p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784314009348
  • NDC分類 141.21

内容説明

人はいかに物を見ているのか。実は、物それ自体を見ているのではなく、あなたの脳が創造性を働かせながら、視覚の世界を意味あるものとして構築しているのだ。物の形も、奥行きや動きや色彩も、あなたの脳がつくったもの―その際の法則を、最新のツールを駆使した心理実験を通して探り、豊かな視覚世界の謎に迫っていく。

目次

第1章 視覚創造の天才
第2章 スケッチを立体化する
第3章 輝ける見えない表面
第4章 無意識に形を把握する
第5章 色が消えた日
第6章 世界が動きを止めた日
第7章 幻の手を感じる
第8章 アイコンの後ろをのぞく

著者紹介

ホフマン,ドナルド・D.[ホフマン,ドナルドD.][Hoffman,Donald D.]
カリフォルニア大学アーバイン校認知科学科教授。哲学科、情報・コンピュータ科学科の教授も兼任。1978年カリフォルニア大学ロサンジェルス校定量分析心理学科卒業。1983年マサチューセッツ工科大学コンピュータ心理学でPh.D.取得。視覚と脳の研究で著名な(『ビジョン』の著者)デイヴィッド・マーの直弟子にあたる。心理実験とコンピュータ・モデルを使って人間の視覚認知を研究。アメリカ心理学協会より優秀科学賞受賞、米国科学アカデミーよりトゥランド研究賞受賞

原淳子[ハラジュンコ]
1971年徳島県生まれ。慶応義塾大学大学院政策メディア研究科修了(学術博士)。カリフォルニア工科大学生物学科、カリフォルニア大学アーバイン校コンピュータ科学科ポスドクを経て、現在、同校リサーチスペシャリスト。アルツハイマー型痴呆脳や幼児脳の発達、機能解明に関して、コンピュータモデルや解剖学的データを用いた研究をおこなっている。幼児脳の発達に関する共同研究は、1990年代「脳の世紀」における最も重要な発見であるとされている

望月弘子[モチズキヒロコ]
1956年静岡県生まれ。東京大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、現在、翻訳家

出版社内容情報

物の形も動きも色彩も、あたたの脳がつくりだしたもの

階段を降りる、コップに水を注ぐ、薄暗がりで色を見分ける――日常の何気ない行動の裏に潜む、驚異の視覚構築のメカニズムとは。
コンピュータを駆使した心理実験で、多数の法則を探り出し、豊かな視覚世界の謎に迫っていく。

*******************

「この本は宝石。人間の視覚研究への楽しい導入であるとともに、
目を見張る独創性をもつ唯一無二の本だ」  ・・・・ ラマチャンドラン(「脳のなかの幽霊」の著者)

「私たちが物を見て、その動きと色彩もあわせて構築する際の、
じつに巧妙な法則性を、たぐいまれな明晰さで示してくれた」
            ・・・・ リチャード・グレゴリー(「鏡という謎」の著者)

「目の前に広がる世界を意味あるものとして認識する、
私たちの驚異の能力への心地よい道案内」
            ・・・・ スティーヴン・ビンガー(「人間の本性を考える」の著者)

*******************


書評紹介
日経サイエンス6月号「人間のアーキテクチャーに迫る本だ。(中略)多数の図版を使い、実際に自分の目で確認しながら読み進めていけるところが面白い。」(森山和道氏)


2003年掲載
読売新聞5/4、日経サイエンス6月号、ASAHIパソコン8/15号、美術手帖6月号