• ポイントキャンペーン

日本人の宇宙観 - 飛鳥から現代まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 351,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784314009010
  • NDC分類 121.02
  • Cコード C0021

出版社内容情報

宇宙観の変遷から日本人の精神の基層を探る


日本人は宇宙をどのように見てきたか? 自らの生きる世界の全体像をどのようにとらえてきたか? 本書では、記紀神話からビッグバン理論まで、日 本の歴史における宇宙観の変遷を追っていく。中国の天文学や仏教の伝来、キリスト教との出会い、近代西洋科学の移植……外来の宇宙思想をどの ように摂取・消化したかを明らかにしつつ、基層に流れつづけた日本的感性の本質に迫る。

朝日新聞11/18、日本経済新聞12/2「熟読するに足る労作で、ぜひご一読をお薦めしたい」池内了名古屋大学教授、「週刊ポスト」12/21号、「サピオ」4/24号著者インタビュー他、多数掲載。


第1章 飛鳥人と宇宙
      1 天武の時代の天体観測
      2 飛鳥人と中国宇宙論
      3 飛鳥仏教と宇宙
      4 時間の秩序

第2章 日本神話の宇宙
      1 垂直の宇宙 - 高天が原と葦原の中つ国
      2 水平の宇宙 - 常世の国と妣の国
      3 高天が原の原像
      4 日の宇宙軸の成立
      5 都城と宇宙 - 北辰の宇宙軸
      6 記紀の宇宙創成論 - 混沌からの天地の生成
      7 天命 - 王権と宇宙論
      8 天 - 自然

第3章 仏教の宇宙
      1 奈良仏教の宇宙観
      2 須弥山宇宙
      3 密教の宇宙
      4 都率天と高天が原 - 弥勒信仰
      5 地獄の日本化
      6 極楽 - 常世の国と妣の国への回帰
      7 仏教の宇宙創成論
      8 仏教的宇宙の新展開
      9 朱子学の宇宙論の伝来
      10 自然に生き、自然を詠う

第4章 キリシタン天文学
      1 イエズス会の教育活動
      2 ゴメスの宇宙論「天球論」
      3 カテキズモ - 「無からの創造」
      4 ハビアンの「妙貞問答」
      5 キリシタン宇宙論への反発
      6 日本人とキリスト教
      7 キリシタンの宇宙論との妥協
      8 天球地球説の広がり

第5章 地動説の受容
      1 キリシタン天文学の地動説
      2 長崎の通詞による地動説の紹介
      3 ニュートン力学的宇宙論
      4 地動説の啓蒙と近代思想
      5 天文方と地動説

第6章 国学的宇宙論の成立
      1 仏教的宇宙論の復活
      2 国学的宇宙論の成立
      3 平田篤胤の宇宙創成論
      4 宣長の自然と芭蕉の自然
      5 朱子学・古学派・蘭学
      6 近代化にむけて

第7章 明治の近代化と宇宙意識
      1 地動説と「天」の思想
      2 東京大学の設立と天文学
      3 社会有機体説と星雲説
      4 内村鑑三とキリスト教の宇宙
      5 記紀神話の復活

第8章 現代宇宙論との出会い
      1 相対論的宇宙論
      2 アインシュタインと日本人の自然観
      3 西田幾多郎と和辻哲郎
      4 戸坂潤の空間論
      5 賀川豊彦と宮沢賢治の宇宙
      6 現代の宇宙論
      7 日本人の宇宙と自然