ダライ・ラマが語る―母なる地球の子どもたちへ

個数:
  • ポイントキャンペーン

ダライ・ラマが語る―母なる地球の子どもたちへ

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年05月07日 13時27分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314008747
  • NDC分類 180.9
  • Cコード C0097

出版社内容情報

偉大な知識人、ダライ・ラマが、環境問題や宗教と科学の関係など現代社会について語る


「人間はみな、地球という母の子どもとして、ひとつになるべきです」と、ダライ・ラマは語る。

地球規模で進む環境破壊や教育問題、民族紛争、宗教の対立そして「心の科学としての仏教」について、
同時代を生きる偉大な知識人であるダライ・ラマが、時にユーモアをまじえつつ、語った1冊。

*******************

ダライ・ラマは微笑んで言う。
「世界は 希望に向かって 進んでいます」

*******************

「人間は世界の部品ではなく、世界そのものなのです」

「人間はみな、地球という母の子どもとして、一つになるべきです」

「もしかしたら神は存在するのかもしれません。
でも、たとえ存在したとしても、少しも神をあてにしてはならないのです」

「政治と非暴力は両立します。両立させなくてはなりません。
できないわけがあるでしょうか?」

「人間の心は、分類して名づけたがります。
混乱した複雑な世界のビジョンには満足しないのです」

                        本書から

内容説明

21世紀は私たちにとって、どのような時代になるのだろうか?インターネット、遺伝子操作、激しくなる局地的な紛争と悪化する一方の環境や教育問題。21世紀をむかえる私たちをめぐるさまざまな問題に、解決の糸口はあるのだろうか?世界が注目する偉大なる知識人、ダライ・ラマが現代社会の問題を語る、初めての一冊。

目次

第1章 私たちが生きる世界
第2章 教育と汚染
第3章 自己もなく、神もなく
第4章 私の心は猊下に似ている
第5章 心の科学へ向けて
第6章 亡命と王国のあいだで
第7章 ビッグ・バンと化身
終章 そして最後は空

著者等紹介

新谷淳一[アラヤジュンイチ]
1963年、青森県生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。94年より5年間、パリ第三大学、パリ第七大学に留学。現在、東京芸術大学、東京理科大学非常勤講師。19世紀フランス文学専攻。訳書に『ヒッチコックによるラカン:映画的欲望の経済』(共訳)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。