痛みの文化史

  • ポイントキャンペーン

痛みの文化史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 608p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314008235
  • NDC分類 491.378
  • Cコード C0010

内容説明

「痛み」は愛のように神秘にあふれ、自分とは何かを問いなおす、根本的かつ人間的な体験である。本書は、「痛み」をキーワードとする体験のほとんどを網羅し、現代の痛みをめぐる医学知識を援用しながら、古今の文学や哲学、キリストの磔刑やラオコーン像、アリストテレスやカント、ゲーテやサドなどを題材に取り上げつつ、肉体の痛みと精神の痛み、本物の痛みと偽物の痛みという二項対立を超え、「痛み」の歴史的、文化的、心理社会学的構造を探究する。

目次

序章
第1章 生きている痛み―神秘かパズルか
第2章 痛みの意味
第3章 目に見えない流行病
第4章 喜劇の痛み
第5章 ヒステリー、痛み、ジェンダー
第6章 痛みの幻視体験と苦しみの政治学
第7章 痛みは頭のなかにある
第8章 痛みの利用
第9章 痛々しい快楽―美と苦痛
第10章 セックス、痛み、あのマルキ・ド・サド
第11章 悲劇の痛み
第12章 痛みの未来

出版社内容情報

「痛み」の森に分け入る
    その意味を取り戻すために

             加賀乙彦氏 推薦
二十世紀は、医学の進歩による鎮静剤の開発によって痛みの消去をもたらした
とともに、そういう薬剤によっては除きえない痛みの大群をも生み出した。
(中略)痛みが私たちにとって切実な問題であるという自覚から、
モリスのこの本を読むのが私はいいと思う。