おだやかな死

個数:
  • ポイントキャンペーン

おだやかな死

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月24日 12時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784314006972
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

出版社内容情報

癌で死にゆく母を看取るボーヴォワールの苦悩と愛情。

「つらい仕事である。死ぬことは。
生をこんなに強く愛しているときは」

突然倒れた母親の病名は癌だった――ボーヴォワールの母親の入院からその死にいたる,4週間の出来事を書きつづった身辺記録。作家としての厳しい眼差しと娘としての優しい気持ちとで,「人にとって死とはなにか」「つまりは生とはなにか」を問うている。「母の死」という普遍的な問題をめぐる,ボーヴォワールならではの厳しさと美しさが結晶した文章である。

「私の中で私とちがう誰かが泣いている。私はサルトルに、今朝見た通りの母の
ことを、私がそこに読みとったいっさいのことを、話した――母の死の孤独、母
の生の孤独――口に出して言おうとしない孤独感」(本文より)

++++++++++++++
シモーヌ・ド・ボーヴォワール

1908年生まれ。パリ大学に学び、哲学教師となり、1943年に最初の小説『招かれ
た女』、44年にエッセー『ピュリウスとシネアス』を刊行。以後サルトルととも
に実存主義作家の代表として、その機関誌Les Temps Modernesで活躍、49年に
『第二の性』で注目をあび、『他人の血』『人はすべて死す』などの小説のほか、
評論や旅行記などの精力的な仕事を続け、54年の小説『レ・マンダラン』でゴン
クール賞を受けた。以後、中国紀行『長い歩み』、自叙伝『娘時代』『女ざかり』
『或る戦後』『決算のとき』(以上、紀伊國屋書店)、『老い』(人文書院)な
どの大作を発表、現代フランス文壇の第一線で活躍を続けた。1986年逝去。

++++++++

内容説明

1968年秋、サルトルと共にローマに滞在していたボーヴォワールのもとに、母が入院したとの連絡が入った。70歳になる母の病名は癌。癌を何よりも恐れていた母に、病名を告知しないまま、4週間にわたるボーヴォワールの看病が始まる。近代的な病院のなかで、物のように扱われる患者、苦痛をともなう延命治療を主張する医師との対立、治療法への疑問などを抱えながら「死にゆく母に何ができるのか」「人にとって死とは何か」に悩むボーヴォワール。娘としての愛情と作家としての厳しさとが生み出す葛藤が、美しい結晶となった文章で語られる。