校長・教頭のための学校の人事管理 (改訂版)

個数:

校長・教頭のための学校の人事管理 (改訂版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784313610194
  • NDC分類 374.3
  • Cコード C2032

内容説明

法律のみで学校の現場を律しきれるものではないということが、法律制度の解説に対抗する意味で主張されます。たしかに、この主張には正しい側面があります。しかし、混乱を収拾し、結着をつけていく必要が生じたときには、定められた基本ルールで割り切らざるをえないわけです。したがって、そのルールの内容がどのようなものであるかについての大体の知識をもっていることは必要です。本書は、そのような基礎知識を理解して頂けるようにとの趣旨から、公立学校の人事管理の基本ルールを分かりやすく解説しています。その場合、学校現場で特に問題となる点にはできるかぎり触れています。今回は、本書の平成七年新版刊行以降五年間における教育改革の進展、行政の規制緩和、地方分権の推進による諸制度の改正を盛り込みつつ、内容も装幀もスリムなものに改め、改訂版として刊行することになりました。

目次

人事行政のしくみ(職員の区分と定数;任用と身分の異動;服務規律;研修と勤務評定;職員の利益保護;給与と旅費;勤務時間と休暇;労働基本権;福祉制度;教育職員以外の職員の人事管理)
資料編