子どもの文学100選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784312005564
  • NDC分類 909
  • Cコード C1095

内容説明

世界と日本、大人と子ども。児童書選びの悩みはこの一冊で解決。

目次

論考25選(対談 子どもの奪還;大人げなさの系譜―フィッツジェラルド・サリンジャー・ブコウスキー;アラーキーから梅かよまで(キッズ・フォト)
ドイツの「戦争児童文学」 ほか)
“子ども”の文学75選テーマ別(空っぽの子ども;闇の中の旅(恐怖の勝利)
大冒険(子どもと戦争)
オオカミの眼(異文化との遭遇) ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

マリカ

21
「子どもとは子どものふりをしている大人である」:子どもの頃に読んで不可解だった作品を読み直したいと思っていたところ、よさげなガイドを見つけたーと思ったら、この本は子どものための文学というより、子どもが主要な登場人物として出てくる物語を解説したものでした。しかし、それが意外とおもしろい。世界文学というものをまず「子ども」という視点で横に切ってから、さらに子どもに関連する15のモチーフで縦に切り分けることで、世界文学の新しい切り口を見せる感じ。和田さんは言うまでもなく、都甲さん、大和田さんの解説がよかった。2012/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/156841

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。