石、人を愛す―木立を抜けて、河原に降りて

個数:

石、人を愛す―木立を抜けて、河原に降りて

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年08月20日 12時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309921693
  • NDC分類 790.4
  • Cコード C0095

内容説明

河原に転がる多数の無名の石から心惹かれるものを探す探石。万葉から続くこの探石の魅力と方法を、自然石趣味のカリスマが、初心者にもわかりやすいように解説した熱いエッセイ集。

目次

プロローグ 魂の川、神の川
1章 自然哲学とシンボルとしての石(神道アニミズムと自然石;釈迦の哲学と無名のヒーロー;聖者は石を愛す)
2章 探石、この至高の歓び(長靴を履いた紳士達;石文と心石;石、人を愛す;秘伝探石法;うぶ石と私)
3章 心石から水石へ(水石の基本;自然石の心技体;自然へのアプローチ;探石旅行と武器一覧;閑話 酒石一如)
4章 自然石趣味のすべて(活かす;川を選ばず;三陸の歓喜;浜の乙女;探石行余聞;自然石の歴史と現在;自然石の手入れと飾り)
エピローグ 胸の中を吹き抜ける風

著者等紹介

小林雅俊[コバヤシマサトシ]
昭和27年9月8日、長野市に生まれる。県立長野高校を卒業後、さまざまな職業に就き、25歳より渋谷西武百貨店の詩の本の店「ぱろうる」の店長として20年間勤める。現在は生家のある長野に帰郷し、半農半文筆の生活をする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

河原に転がる多数の無名の石から心惹かれるものを探す探石。万葉から今に続く探石の魅力と方法を初心者にもわかりやすいように紹介。