雲の上はいつも青空―人生を励ます禅僧の50話

個数:

雲の上はいつも青空―人生を励ます禅僧の50話

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2018年05月23日 05時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309921471
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0015

内容説明

地上が黒い雲で覆われていても、雲の上は太陽が燦燦と輝いています。「もうダメだ!」と思ったら、空を見上げてください。道は必ず拓けます。

目次

第1章 苦難を乗り越える(今がよければ過去はかがやく;木の根を食べて生きのびる ほか)
第2章 人間関係に強くなる(限りなく芽吹くもの;遙かより来た、そのいのち ほか)
第3章 考え方を変えてみる(もう一歩深いところを見る;青二才はすばらしい! ほか)
第4章 暗かったら窓を開けよう(日々若返る花のおじさん;仰げばそこに虹がある ほか)
第5章 思ったとおりに生きられる(鶴見川のほとりで;榎本健一さんの教え ほか)

著者等紹介

酒井大岳[サカイダイガク]
1935年群馬県生まれ。駒澤大学仏教学部禅学科卒業。曹洞宗長徳寺住職。南無の会会友。1964年群馬県文学賞(随筆)、1981年上毛文学賞(俳句)、1983年上毛出版文化賞(『般若心経を生きる』水書坊)、1999年日本社会文化功労賞、2008年朝日俳壇賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

曇り空でも、その雲の上には、青空がある。不幸だ、苦しい、つらいと悩んでいた自分の心が一変する、82歳の禅僧による50の話。

酒井 大岳[サカイ ダイガク]
著・文・その他