超人類へ!―バイオとサイボーグ技術がひらく衝撃の近未来社会

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309906980
  • NDC分類 491.3
  • Cコード C0040

内容説明

ケータイから脳‐脳コミュニケーションへ!技術の融合から、超人類が生まれつつある。脳から脳へテレパシーのように思いを伝える(米国防総省が実験を推進)など、驚異の生体情報社会の到来を、世界中で活用されているウェブソフトInternet Explorerの開発者が告げる。

目次

第1章 からだを選ぶ
第2章 こころを選ぶ
第3章 だれもが平等に
第4章 メトセラの遺伝子
第5章 寿命を選ぶ
第6章 メトセラの世界
第7章 自分自身の子ども
第8章 選択による子ども
第9章 接続された脳
第10章 ワールド・ワイド・マインド
第11章 限界なき生命

著者等紹介

ナム,ラメズ[ナム,ラメズ][Naam,Ramez]
科学技技術者。世界中で活用されているマイクロソフトのInternet ExplorerとOutlookの開発者のひとり。バイオテクノロジーやナノテクノロジーなどの最先端技術と近未来社会について洞察する若きオピニオンリーダー。ナノテク企業のCEOを務め、また現在、マイクロソフトのインターネット検索テクノロジーのプログラム・マネージャーとしても活躍している

西尾香苗[ニシオカナエ]
京都大学理学部大学院で動物の系統分類学および形態学を専攻、脳内DNAの分析研究にも参加。その後、大阪のIMI・インターメディウム研究所(現・彩都IMI大学院スクール)で情報やメディアなどについて学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。