ふくろうの本<br> 図説 ヴィクトリア女王の生涯―王宮儀式から愛の行方まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

ふくろうの本
図説 ヴィクトリア女王の生涯―王宮儀式から愛の行方まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 17時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 139p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309762746
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0322

出版社内容情報

大英帝国最大の繁栄期に君臨したヴィクトリア女王。女王の日記や手紙を手がかりに19世紀英国の諸相を描く。生誕200年記念!

村上 リコ[ムラカミ リコ]
著・文・その他

内容説明

19世紀の英国をかたちづくった比類なき女性君主の一代記。戴冠式・結婚式・万博に戦争に記念式典。応接間、正餐室、好きな食べ物から更衣室、寝室まで。華麗なる英国王宮の儀式と女王の私生活の実態にせまる。

目次

第1章 即位の準備 一八一九~一八三七
第2章 戴冠式と政治 一八三七~一八三九
第3章 ヴィクトリアの王宮 一八三七~一八八〇
第4章 結婚への道 一八二八~一八四〇
第5章 女王の住まいと家庭生活 一八三七~一八六〇
第6章 万博と戦争 一八五一~一八五八
第7章 喪服の女王と男たち 一八六一~一八八三
第8章 帝国の栄光 一八六八~一八九九
第9章 終わりのとき 一九〇〇~一九〇一

著者等紹介

村上リコ[ムラカミリコ]
文筆・翻訳家。東京外語大卒、千葉県生まれ。一九世紀から二〇世紀初頭のイギリスの日常生活、特に家事使用人、女性と子どもの生活文化をテーマとして活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nat

27
図書館本。ヴィクトリア女王の生涯がよくわかった。最愛のアルバート公との満ち足りた生活が、夢のような20年だったのだろうなと感じた。ジョン・ブラウンとの関係などは謎のままだが、謎のままでもいいのでは。ただ女王は、男性の外見にはこだわりがあったんだろうなと思った。2020/12/12

Sakura

11
NHKでやっているドラマ「女王ヴィクトリア 愛に生きる」を見ていたらこの本を知り。近代なので残された写真や情報が多く、ヴィクトリアの生い立ちや性格、好みや生活がよくわかって楽しかった。ドラマも第1シーズンから見直したいし、ジュディ・デンチの映画も見たくなりました。2019/06/09

Mayu

7
なんとなく、イギリスの一番良い時代ってヴィクトリア女王の時代なのかなぁという考えがあり、読んでみました。夫のアルバート公のことは、あまり良く知らなかったのですが、この方と良い関係で家庭を築けたことが、女王の功績に大きく影響したのかな、と感じました。万博の成功や、アメリカ南北戦争への干渉を踏みとどまったことなど、アルバート公自身の実績も沢山あり、すごい方だったんだなと。女王の「善い人間になりたい」という言葉にとても感銘を受けました。とても面食いで、美しいとあれば、身分も国籍も人種も関係ないというのも面白い。2019/03/02

伊藤直起

3
本書はヴィクトリアの政治に関してというより私生活の方面を強く扱ったものとなっているが、パーマストンやディズレーリとの関係なども記されている。 ディズレーリがその文才で女王の警戒心を解き、女王を帝国主義に引き寄せていった。対するグラッドストンはその堅苦しい文章と政策の食い違いから女王との距離は埋まらなかった。このように、政策一つとっても単に正しいだけでは受け入れられず、時にはその文才などといった魅力も重要であるということが再確認できた。2021/01/08

ekoeko

3
ヴィクトリア女王の戴冠式や結婚式万や好きな食べ物など儀式と私生活を書いたガイドブック的な本。思いがけず、ミレイの描いたディズレーリとグラッドストンの二人の首相の肖像画が掲載されていてよかった。2018/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13097749

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。