らんぷの本<br> 昭和に学ぶエコ生活―日本らしさにヒントを探る

個数:

らんぷの本
昭和に学ぶエコ生活―日本らしさにヒントを探る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月20日 20時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309727653
  • NDC分類 382.1
  • Cコード C0339

内容説明

ヘチマ、湯たんぽ、重曹、洗面器、はたき、打ち水―昭和30年代以前に使われていた「モノ」や暮らしのなかの工夫。昭和の時代に再発見しにいくと…地球環境にやさしい暮らしがこんなに見つかった。

目次

1 昭和の暮らしに発見するエコ三題。(「エコなヘチマ」植物を道具に変換する。;「鋳掛けてまで使う」“使えない”を“使える”に変換する。;「始末する」倹約し、クズをも道具に変換する。)
2 昭和の暮らしの便利、エコの原点を探る。(薬品を道具に変換する。;水をため、流れを抑え、手をかける。;熱、炎を制御する。使いまわす。)
3 日本の風土とつきあうということ。つきあうことで…(日本家屋に刻まれた工夫―土に還る家。;土間と縁の下のチカラ―土でできた家。;日本家屋で暮らす知恵―害虫対策。;日本家屋とともに暮らす―掃除の心得。;洗濯の心得―洗濯機、合成洗剤を使わない。;日本の味―家の秘伝。)

著者等紹介

市橋芳則[イチハシヨシノリ]
1963年愛知県犬山市生まれ。1986年南山大学文学部人類学科卒業。1988年同大学院文学研究科文化人類学専攻博士前期課程修了。1988年師勝町(現北名古屋市)に学芸員として採用。1990年歴史民俗資料館開館。1993年より昭和の生活資料の収集に取り組み現在に至る。現在、北名古屋市歴史民俗資料館学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。