らんぷの本<br> 一葉のきもの

個数:

らんぷの本
一葉のきもの

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309727455
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0339

内容説明

貧しくてもおしゃれ心は捨てられない―。樋口一葉の作品と日記を“きもの”で読み解く、新しい試み。一葉がわかる、明治のきもの文化がわかる。

目次

第1章 こゝろざすは完全無瑕の一美人をつくらん―一葉作品のヒロインたち(「たけくらべ」の美登利;「にごりえ」のお力 ほか)
第2章 明治女の装い(きものはその人の人権であった;柄 ほか)
第3章 一葉が描いたきもの―四つの作品から(たけくらべ;にごりえ ほか)
第4章 一葉きもの日記(身のふる衣まきのいち;恋する一葉 ほか)

著者等紹介

近藤富枝[コンドウトミエ]
1922年、東京生まれ。作家。東京女子大学国語専攻部卒業後、文部省教学局国語科に入り教科書編纂に従事。44年、NHK入社。戦後退職し、文筆活動に入る

森まゆみ[モリマユミ]
1954年、東京生まれ。作家。早稲田大学政経学部卒業。出版社勤務を経て、地域雑誌「谷中・根津・千駄木」編集人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みつき 

43
明治時代に流行した着物、化粧、髪形などの紹介と、一葉の作品に登場する人物の装いから当時の世相が解説された写真本。半井桃水や他の文学界の仲間の写真を見たことがなかったのでとても参考になりました。すらりとした背に凛々しい姿で写る桃水を見ると、一葉が恋に落ちるのも納得できます。「にごりえ」の結城朝之助のモデルは半井桃水ではないかと私も思っていましたが、着物からその見解を導き出している事は非常に斬新。こういったアングルから一葉作品を楽しむのも面白い。2013/07/24

kaoriction@感想は気まぐれに

13
「海老茶」が想像していた色と少し違った。もう少しグリーンがかっていると思っていたけれど、ほぼ「茶」だった。勝手な想像だったのだけれど。そんな海老茶をはじめ明治の色見本帖や櫛に簪、はきもの、化粧道具などがカタログ的で面白い。着物にそんなに興味はなくても、サラリと流し見るだけでも、これから一葉に触れる際には役立つかもしれない。著者も一葉の新しい切り口としての「きもの」と言うが、確かに一葉の世界に、視覚から入るというのもいいかもしれない。私はやはり桃水とのページが興味深かった。巻末の「一葉のきもの 用語集」も◎2013/01/22

ポメ子

8
樋口一葉の作品や、当時の着物、はきもの、髪型などが、写真や絵付きで解説されていて、とてもわかりやすかった。昨日、読了した『一葉』に登場した人物たちの写真もあり、興味深かった。2021/04/05

波 環

7
着物を生活着にしていた時代について知りたくて手にした本。重ね着、色、材質、紋など現代のベースになるけれど、明らかに違うものだ。学生のころ、一葉についての講義で教授が、“かわいそうに夏ちゃんは"が口癖で、同じ年頃の我々と一葉の人生を比べて叱咤して下さったのを思い出す。 裕福ではない暮らしの代表例として一葉を教えてくれた、それがこの本を手にした動機。期待を裏切らなかった。リサイクル着物を数千円買いました。2014/06/24

及川まゆみ

7
一葉作品のヒロインたちの描写や、明治時代の着物の流行とか髪型が楽しくわかります。写真や絵が多いのが嬉しい。作品を読みながら見るのもいいですね。2014/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22387

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。