最強将棋塾DX
升田式石田流の時代―最強将棋塾DX

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309722658
  • NDC分類 796
  • Cコード C0376

内容説明

大山康晴、升田幸三、山田道美、花村元司…。勝負師たちの熱いドラマが迫真の観戦記で甦る。

目次

紳士棋士・二上の勝負根性
山田、千日手指し直し局を制す
同価値のふたつの手
升田、復帰戦を飾る
内藤新八段、A級デビュー戦を飾る
まさかの四連敗―「升田将棋」に殉ずる
病身の天才棋士
怪腕・花村、相振り力戦を制す
挑戦権を懸けて
妖刀・花村、理論家を翻弄〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

根室

0
花村の華麗な捌き 升田の石田流 2012/04/24

根室

0
灘、花村、升田、山田。この時代のA級棋士には個性的な人が多い。 加藤一二三さんもいるが、この本では特に面白いエピソードはなかった。 棋譜は16局収められていて、その中に矢倉や四間のような真面目な将棋はあまり見ない。振り飛車や相掛かりの力戦将棋が多かった。序盤だけじゃなくて 中盤以降も現代の将棋と指し方が違うような気がする。でもどの辺がと言われても自分はヘボだからうまく言えない。 2巻目「名人は幻をみた」、よりも指し手の解説が詳しかった気がする。2012/04/22

てらさか

0
升田以外の観戦記もある。じっくりと勝負の様を描写してあるので、結果知っててもどっちが勝つかハラハラしてしまった。2019/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/941262

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。