最強将棋塾<br> 将棋新理論

最強将棋塾
将棋新理論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309721835
  • NDC分類 796
  • Cコード C0376

内容説明

すべての駒を生かす発想法。もし二歩が許されたら?もし歩がなかったら?将棋の駒の働き・特性を意表を衝く創作図をもとに理論化し、その応用の仕方・組み合わせ方を実戦を題材に提示する。理論から実戦へ、プロの最前線から基本原理へ―。すべての将棋ファンに贈る究極の「理論と実戦」の書。

目次

第1章 歩 その多様性
第2章 香 その直進性
第3章 桂 その意外性
第4章 銀 その機動力
第5章 金 その信頼感
第6章 角 その総合力
第7章 飛 その攻撃力
第8章 玉 その存在感

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

そり

12
8種の駒について、それぞれ20ページ配分。ただし、歩兵に関しては80ページ割かれている。一つずつしか進めない駒なのに、やはり数は力なりといったところか。香車は対抗形の場合、片方が攻めでも守りでもなくなる、になるほど。角行は盤面の決まったところにしか動けないので、王将がそのルートに入らないように注意しよう。▼気付きは多かった。初心者の方が駒を動かせるようになったら、羽生さんの「上達するヒント」と合わせて読むとちょうどいいかもしれない。2013/08/24

あなあき

0
まえがきで谷川浩司は次の様に述べている。「将棋の駒は自分自身の化身なのだ。その駒を使って自由に自分の気持ちを表現する。将棋を指す本当の喜びもそこにある〜上級者には高度な将棋の本質を、中級者には一層の飛躍のための考え方を、初級者には効率よく上達するための秘訣を伝えたい」。全8種類の駒に各々1章を割いて具体例を挙げながら、盤上に置かれる位置の優劣や駒そのものの特性を詳細に展開。各章の最後に実戦例が何局か示されているのだが、それの内容が「非常に濃い」。特に飛車の章の「妙な王手飛車」なんかは、とても印象に残った。2013/07/01

STA

0
駒別、能力の解説が主。 使い方をすこしだけ書いている…って感じの本。 好き嫌い分かれるだろうなぁ。 とりあえず、面白くはあったが、すぐに役に立つかというと、Noかなぁ…… 自分の考え方の基本になっているとは思うし、初心者が読んでもよいと思う。2011/05/01

numainu

0
評価C2003/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/155487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。