苦海浄土

個数:

苦海浄土

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月02日 13時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 771,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309709680
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0393

出版社内容情報

水俣の不知火海に排出された汚染物質により自然や人間が破壊し尽くされてゆく悲劇を卓越した文学作品に結晶させ、人間とは何かを深く問う、戦後日本文学を代表する傑作。三部作すべて収録。

内容説明

「天のくれらす魚」あふれる海が、豊かに人々を育んでいた幸福の地。しかしその地は、海に排出された汚染物質によって破壊し尽くされた。水俣を故郷として育ち、惨状を目の当たりにした著者は、中毒患者たちの苦しみや怒りを自らのものと預かり、「誰よりも自分自身に語り聞かせる、浄瑠璃のごときもの」として、傑出した文学作品に結晶させた。第一部「苦海浄土」、第二部「神々の村」、第三部「天の魚」の三部作すべてを一巻に収録。

著者等紹介

石牟礼道子[イシムレミチコ]
1927年、熊本県生まれ。10代より歌作を始め、20代からは歌壇に作品を投稿、才能を認められるようになる。69年、『苦海浄土』三部作の第一部となる『苦海浄土―わが水俣病』を刊行、第一回大宅壮一賞に選ばれるが受賞を辞退する。73年、マグサイサイ賞受賞。その後『椿の海の記』『あやとりの記』など次々に作品を発表する。92年刊行の『十六夜橋』で紫式部文学賞受賞。2001年、朝日賞受賞。『はにかみの国―石牟礼道子全詩集』で02年度芸術選奨・文部科学大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

205
どのページを切り取ってもそこは地獄だった。生きながら地獄を生きる人々の言葉を、様を、石牟礼さんが教えてくれている。教科書だけでは知らない真実を生々しく伝えてくれている。私が生れた頃の公害。いまだ闘っている方々がいるのだ。完全な人災に会社や国の姿は沖縄にダブる。慎ましく暮らしていた者達と生きる糧の目の前の海を還せ!このぶ厚い本はそれ以上の重さを以って私の感情を凌駕する。不知火の海は凪ているか。圧倒的な事実と人間の業に私の言葉は無力だ。何もこんな形で試さなくとも・・2018/10/02

みあ

119
傑作。水俣という貧しいけれども美しい漁村で村人達が次々に奇病に倒れるようになった。それは地元のチッソという会社の工場から排出される水銀と関係があることが明らかになっていき…。慟哭という言葉しか思い付かない。それほどに水俣病の患者達は人間性を剥奪されていく。それに対応する国や大会社の人間達の酷薄さ。それは資本主義が持つ闇であり近代化の過程で見捨てて来たものでもある。その中で病に苦しみながらも「人にこんな思いをさせたくない」という女の悲しいまでの豊かさ。人間の本質を極限まで追求した著者の強さが鋭く光る。2021/10/09

藤月はな(灯れ松明の火)

117
柔らかな春の音がする方言から聞こえてきた悲痛な呻きは、やがて、大らかなうねりとなった。彼ら彼女らの声に寄り添った作者の優しさや憤りもこのおおらかな文章から伝わってくる。生活も行き詰まり、家族は苦しんでいるのに何もできず、周囲の好奇に晒され、権力者、そしてチッソ工場で働き、被害が出なかった地元の人々の白眼視される。何も知らなかったでは済まされない罪への加担は私達もしていた。そしてこの本が2011年1月に刊行されたにも関わらず、東日本大震災からの福島原発問題などに対して政府やマスコミが全く、変わっていないのだ2018/09/26

chanvesa

52
「神々の村」「天の魚」は初読。「ネクタイコンブ」の片棒担ぎ(あるいはそれ自身)である私にとって、石牟礼さんの告発は身を引き裂かれそうになる。会社の社長や役員どもの通り一辺倒の答えは空虚な言葉だが、「ネクタイコンブ」種族はあんなような言葉しか発せないことを十数年の「会社員」生活で知ってしまっていることがつらく、恥ずかしい。生活をそして命を滅茶苦茶にされた水俣の海に暮らす人々に寄り添う石牟礼さんの暖かい眼差しは唯一の救いかもしれない。「みずからはことばをしゃべらぬものたちの物語にわたしは耳を傾ける。2015/11/01

どんぐり

46
読むのが苦しい、怨念に包まれた記録。著者が前面に出てくるわけではない。水俣で苦しんだ民の声が文字から立ち上がってくる。これは、日本国から追いやられた棄民の楔として撃ち込んだ記録。死して止まん民の声、「ががしゃん、しゃくら、しゃくらの、あっこに、花の。 ががしゃんとしかいえずに、花ともいえませずに、あな、というて。背中でずり落ちながらのびあがって、苦しか声でいうとですよ」。読むのが苦しい。だが読み終えずには終わらない記録。2013/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1929395

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。