灯台へ/サルガッソーの広い海

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 483,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309709536
  • NDC分類 933
  • Cコード C0397

出版社内容情報

神秘的な光を放つ灯台を夢見る母子を中心に人々の内面のドラマをリリカルに描いた名作の新訳決定版と、植民地出身作家が帝国の辺境に生きる人間の葛藤を描くもう一つの『ジェイン・エア』。

内容説明

灯台を望む小島の別荘を舞台に、哲学者の一家とその客人たちの内面のドラマを、詩情豊かな旋律で描き出す。精神を病みながらも、幼い夏の日々の記憶、なつかしい父母にひととき思いを寄せて書き上げた、このうえなく美しい傑作。新訳決定版(『灯台へ』)。奴隷制廃止後の英領ジャマイカ。土地の黒人たちから「白いゴキブリ」と蔑まれるアントワネットは、イギリスから来た若者と結婚する。しかし、異なる文化に心を引き裂かれ、やがて精神の安定を失っていく。植民地に生きる人間の生の葛藤を浮き彫りにした愛と狂気の物語(『サルガッソーの広い海』)。

著者等紹介

ウルフ,ヴァージニア[ウルフ,ヴァージニア][Woolf,Virginia]
1882年ロンドン生まれ。父レズリー・スティーヴンは著名な文芸評論家。13歳で母を亡くし、その頃から生涯続く精神の病に悩まされるようになる。父没後、兄たちとブルームズベリー・グループを作り、家には当時活躍中の文学者や芸術家が大勢出入りした。1915年『船出』でデビュー。その後『ダロウェイ夫人』など次々に小説を発表。プルーストやジョイスと並んで独自の心理主義を追求し、モダニズム文学の旗手として高く評価される。41年『幕間』を残し自殺

リース,ジーン[リース,ジーン][Rhys,Jean]
1890年イギリス領ドミニカ島生まれ。16歳のときイギリス本国に渡り、結婚後はパリに移り住んでフォード・マドックス・フォードらの知遇を得る。『セーヌ左岸およびその他の物語』など、自らの体験に取材した小説を次々に発表する。第2次大戦中に一時消息を絶つが、66年『サルガッソーの広い海』の成功によって復活し、以後も、作品集を発表した。79年死去

鴻巣友季子[コウノスユキコ]
1963年東京生まれ。お茶の水女子大学大学院修士課程英文学専攻

小沢瑞穂[オザワミズホ]
東京生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。