高橋英夫著作集<br> 高橋英夫著作集テオリア〈3〉偉大なる暗闇

個数:

高橋英夫著作集
高橋英夫著作集テオリア〈3〉偉大なる暗闇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 08時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 472p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309709130
  • NDC分類 041
  • Cコード C0395

出版社内容情報

漱石『三四郎』のモデル岩元禎、漱石と子規、芥川一派、白樺派の仲間、わが青春のドイツ文学。若き日の読書体験と、友情の文学誌。

目次

偉大なる暗闇―師 岩元禎と弟子たち(清談会;偉大なる暗闇;ドイツ語の教室 ほか)
果樹園の蜜蜂―わが青春のドイツ文学(本棚から取り出す;一高でのファウスト講義;「ハインリッヒさん」の「さん」 ほか)
友情の文学誌(漱石と子規;鴎外と賀古鶴所;芥川龍之介とその周辺 ほか)

著者等紹介

高橋英夫[タカハシヒデオ]
1930年、東京生まれ。文芸評論家。東京大学文学部独文科卒業。著書に、『批評の精神』(亀井勝一郎賞)、『役割としての神』(芸術選奨文部大臣賞)、『志賀直哉 近代と神話』(読売文学賞)、『時空蒼茫』(藤村記念歴程賞)、『母なるもの―近代文学と音楽の場所』(伊藤整文学賞)、翻訳書に、ケレーニイ『神話と古代宗教』(日本翻訳文化賞)などがある。2019年、逝去。日本芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。