河出・現代の名著<br> 言語表現の秩序 (改訂版)

河出・現代の名著
言語表現の秩序 (改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 153p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309706122
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0310

内容説明

著者自身によるフーコー入門。社会におけるさまざまな言説統御の手続きを明らかにし、言説の制限と排除の働きを強化してきた哲学上の主題について鋭い分析を行う。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うえ

6
「書いたりつくり出したりする個人の存在を否定するのは、もちろん、ばかげたことでありましょう。しかし−少なくとも或る時期以来−その地平に可能的な作品が彷徨する、そういうテキストを書きはじめている個人があり、かれはかれとして作者の機能を取り戻している」19世紀以降新しいタイプの作者(匿名ではない)が出現した「学問の組織は、作者の原理に対してと同様、注釈の原理に対しても対立します。…学問が…規則、定義、技術…などによって規定されるから」「これらすべては、一種の匿名のシステムを構成し…役立てうるものの委ねられる」2015/12/30

Junji Yogi

0
言語という牢獄から自由になるためには、新たに言葉を獲得する事によって自分の言語的世界を分節していかなければならない。それは自ら「不自由」に向かってダイブしていく事である。パラドキシカルではあるが、それによってしか思考的に自由になる事は出来ない。丹念に読んだつもりなのだが、念頭浮かぶフレーズはなんて貧弱で狭隘なのだろうか。私自身の世界の絶壁に立っているかのような気分である。2013/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。