• ポイントキャンペーン

常識として知っておきたい日本の三大宗教―イラスト図解版

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784309651866
  • NDC分類 170
  • Cコード C0014

内容説明

日本人の心と暮らしに息づく三つの宗教の要点がわかる入門書。宗教から、私たちの文化や歴史の奥深さが見えてくる。

目次

1章 三大宗教の起源と、日本での発展を知る―ルーツはどこにありどのように広まったのか
2章 三大宗教それぞれの“考え方の要点”を知る―私たちに、どういった教えを説いているのか
3章 生活に深く結びついた祭祀と習慣を知る―人々の暮らしにどう溶け込んできたか
4章 神社、廟、寺院…その成立としくみを知る―お参りの場にはどんな違いがあるのか
5章 神道にまつわる神々の系譜を知る―神社には、どんな神様が祀られているのか
6章 バラエティに富む仏たちの素顔を知る―日本人は、こうした仏様を信じてきた

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

スウィーニー校長

0
★★☆☆☆ 日本社会への儒教の影響を知りたくて読んだが、あまり理解が深まらず。 日本の会社の、年功序列な賃金制度、愛社精神は儒教の影響らしい。2017/07/19

S順子

0
図書館本。日本の三大宗教で儒教⁉と思っていたら、仏教と混じりあったり、道徳として身近な物だった。それぞれの宗教の特徴や日本ならではの変化が分かりやすかった。2015/06/01

Junichi Oba

0
熊野詣をして興味を持って読んでみたものの、内容は安かった。2013/05/23

ステビア

0
流し読み。2012/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5320774

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。