相手のココロはしぐさで読める―イラスト図解版 「動作」と「心理」の不思議関係がよくわかる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784309651095
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0011

内容説明

女性が髪をしきりに触るのは「つまらないな」のサイン。相手の目を凝視するのは、自信のなさの表れ。大声でしゃべる人ほど、じつは臆病者。何度もうなずく人は、じつは話を聞いてない…etc.つい「身ぶり」に出てしまう「本心」の謎…人間観察のおもしろテキスト本。

目次

第1章 隠された敵意・好意は、このしぐさから読みとれる
第2章 相手の深層心理は、何気ない身ぶりから見ぬける
第3章 人の性格を知るマンウォッチングの極意
第4章 こんな動作を思わずしてしまう心の不思議
第5章 お国柄を物語る、あのジェスチャーの秘密
第6章 なぜ男と女、大人と子供は別のしぐさをするのだろう

著者等紹介

山辺徹[ヤマノベトオル]
1947年、東京生まれ。大学では心理学を専攻。とくに身体言語やシンボル、パフォーマンス理論、動物行動学、哲学者のウィトゲンシュタインなどに関心を抱き、卒業後も研究を続ける。現在は、心理学、性格分析、行動学の研究家として、雑誌・書籍などで執筆活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なにがし

0
結構ステレオタイプに感じる部分もあるけれど、それ故にキャラクター造形に使えそう。2009/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/252743

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。