河出新書<br> 筑駒の研究

個数:
電子版価格
¥1,210
  • 電書あり

河出新書
筑駒の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 16時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 328p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309631721
  • NDC分類 376.4
  • Cコード C0237

内容説明

筑波大学附属駒場中・高等学校、略称「筑駒」。その昔は「教駒」。国立で男子校、自由な校風と抜群の東大合格率で知られ、日銀総裁、大学総長、官僚トップ、国会議員、発信力の高い学者、ユニークな起業家など、さまざまな分野で突出した存在感を示す卒業生も多い。ほんとうのところ、いったいどんな学校なのか―。OB、元教員から現校長まで、約100人の証言から探る。

目次

第1章 筑駒の新しい潮流―起業家やコンサルタントとして活躍するOBたち
第2章 「自由闊達」の正体―筑駒教育の真髄を探る
第3章 燃える三大行事、部活動―文化祭、演劇、サッカー、パソコン…
第4章 教駒・筑駒史 開校から東大合格率トップ校へ―農教・教駒時代(1947年~1970年代後半)
第5章 教駒・筑駒史 存続危機から底力を発揮―筑駒時代(1970年代後半~2020年代)
第6章 天才?秀才?日本一のオタク集団?
第7章 校風を教えてくれるOBたち―華麗で異色な教駒・筑駒人脈
第8章 筑駒はどこへ行くのか

著者等紹介

小林哲夫[コバヤシテツオ]
1960年、神奈川県生まれ。教育ジャーナリスト。教育、社会問題を総合誌、ウェブ媒体などに執筆。94年から『大学ランキング』(朝日新聞出版)編集者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

81
週刊誌などの特集に掲載されている内容ではなく、この中高の実態をよく書かれていると感じました。私の友人にもこの学校出身者がいましたが、いわゆるがり勉型ではない感じでした。このような学校に入るのはやはり両親の影響が大きいのでしょうね。黒田前日銀総裁と現在の植田総裁もこの学校の出身者だそうです。2024/02/09

Go Extreme

2
不思議な世界 ワンダーランド 新しい潮流:起業家やコンサルタントとしてッ活躍 自由闊達―筑駒教育の真髄:師・友・兄のような存在 マイペース>ガリ勉 教師・アク強い 居心地良し 教員によって学級崩壊 ×教科書中心・ありきたり 三大行事・部活動:社会課題に挑戦 根性論<ハート 農教・教駒時代ー1947〜70年代後半:入試は面接のみ 生徒のツブ 筑駒時代ー1970年代後半〜2020年代:入試に抽選制 受験戦争の解放区 SSH レールなし 日本一のオタク集団:リスペクト 趣味を貫く≒かっこいい どこへいくのか2024/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21652925
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。