河出新書<br> 一神教全史〈上〉ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の起源と興亡

個数:
電子版価格
¥1,342
  • 電書あり

河出新書
一神教全史〈上〉ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の起源と興亡

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月20日 09時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 400p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309631653
  • NDC分類 199
  • Cコード C0214

出版社内容情報

そもそも宗教とは何かと問いつつ、一神教の歩みを辿る宗教思想史講義。古代ユダヤ社会からの一神教発生から、キリスト教の展開、ローマ帝国の興亡、イスラム教の形成、十字軍までを描く上巻。

著者情報
1974年生まれ。宗教学・思想史専攻。博士(文学)。現在、埼玉大学非常勤講師。『グノーシス主義の思想』『オウム真理教の精神史』『現代オカルトの根源』『宗教学(ブックガイドシリーズ基本の30冊)』など。

内容説明

宗教とは何か?それは、共同体を作り上げるために必要とされる「フィクション」である。そして世界史は、一神教的な信仰を基盤として築かれた共同体が、段階的に構造を変化させることによって形成されてきた。宗教の基礎を的確に捉えた上で、一神教の思想史を縦横に語る圧巻の講義録。まず上巻では、ユダヤ民族が困難な境遇のなかから唯一神の信仰を案出した過程、世界宗教としてのキリスト教の成立、ローマ帝国やゲルマン系諸族との関係性、イスラム教の出現と拡大、カトリック的教皇主権体制の確立について論じられる。

目次

第1講 イントロダクション―宗教思想史の正当な理解を求めて
第2講 ユダヤ教の歴史1―原初の遊牧生活からダビデ王の治世まで
第3講 ユダヤ教の歴史2―王国の発展からバビロン捕囚まで
第4講 キリスト教の発端―イエスの福音とパウロの教会論
第5講 キリスト教とローマ帝国の関係―エウセビオスの政治神学、アウグスティヌスの神国論
第6講 西ヨーロッパのキリスト教化―教皇制と修道制の形成、カール大帝の宗教政策
第7講 イスラム教の歴史1―ムハンマドの生涯と思想
第8講 イスラム教の歴史2―イスラム帝国の形成
第9講 中世ヨーロッパにおける教皇主権の理念―神聖ローマ帝国の成立から十字軍まで

著者等紹介

大田俊寛[オオタトシヒロ]
1974年、福岡県生まれ。宗教学者・思想史研究者。博士(文学)。埼玉大学非常勤講師。キリスト教を中心とする宗教思想史を研究するほか、オウム真理教問題を含む現代宗教論も手掛ける。昨今は、リベラル・アーツの内実に関する再考を重ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てつのすけ

19
ローマ帝国滅亡は、一神教であるキリスト教が関係しているのではないかと考えるところがあり読み進めた。そうしたところ、いきなり、この考えが否定されてしまった。なるほど!そのような考えもあるんだなと気付いた。下巻でも新たな発見があるかもしれない。2024/02/17

Iwata Kentaro

10
これは面白い。今年読んだ本で間違いなくベスト候補。宗教関係の本は多々読むけど、著者がインサイダーなので不全感が残ることが多かった。本書は「宗教は共同体を作るためのフィクション」と大胆に規定し、その目線で一神教を歴史とともにまとめていてとても新鮮。門外漢なので「しらんけど」こういう本は初体験。批判的吟味が健全になされていてとても理解が進む。本当に見事。2023/06/12

HaruNuevo

9
筆者による宗教の定義は「共同体の形成原理」、「信仰によって基礎づけられたフィクションの体系」であり、ここを出発点として、まずユダヤ教の背景、体系、歩みを述べ、次にユダヤ教の課題を克服する形で生まれてきたキリスト教がどうやって世界宗教への扉を開いたのかを論じ、さらにイスラム教こ背景、体系、歩みとユダヤ教、キリスト教との関係を説明。 そして上巻は、中世ヨーロッパにおける叙任権闘争、十字軍を経てキリスト教がどう変容しまた社会をどう変えていったかを論ずる。 一歩引いた時点で、適度にややこしく適度にわかりやすい。2023/08/13

うすしお

5
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教について始まりから中世までとても面白く読めた。反ユダヤ主義などの宗教間のコンフリクトが起こる要因について、少しだけ理解できた。理解できてくるとどんどん面白くなる。2023/09/10

ゴン太

1
一神教全史ということで主に教義や聖書の内容を扱った本、だと思いきやイントロダクションから予想を覆してきてなかなか面白かった。 多分サピエンス全史の影響だろうけど、神を虚構の人格と言い切ってしまうのがかえって清々しい。 宗教学と神学の違いも良く理解してなかったが、宗教学は思った以上に科学的、論理的な学問だと思った。 全体の内容としては、宗教(一神教)から見た世界史という感じで歴史の理解も進む。 逆に言うと、歴史を学びたい方は哲学や宗教を学ぶ事によって何故そのような出来事が起こったのかの理解がしやすくなる。2024/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21006655
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。