河出新書<br> こころの違和感診察室―しっくりこない自分と折り合いをつける方法

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

河出新書
こころの違和感診察室―しっくりこない自分と折り合いをつける方法

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月02日 21時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309631493
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0211

出版社内容情報

ままならない自分と折り合いをつけるには?精神科医による丁寧な考察とアドバイス。こんなはずじゃない!と思ったときに読む33章。

内容説明

焦る、うしろめたい、おどおどしてしまう、気を利かせられない、誤解されがち、嫉妬深い、素直になれない、取り返しがつかない気がする、プライドが邪魔をする、ぶれる、待てない、面倒くさい…自己嫌悪に直結する悩み、迷い、つらさ、こころの不具合の数々。しっくりこない自分と折り合いをつけるにはどうすればよいのか。臨床経験豊富な精神科医による丁寧な考察と処方箋。こんなはずじゃなかったのに!と思ったときに効く33章。

目次

焦る
生きるのがつらい
嫌なことを忘れられない
うしろめたい
運が悪い
おどおどしてしまう
傷つきやすい
期待に応えられない
気を利かせられない
現実逃避してしまう
誤解されがち
こだわってしまう
孤独に耐えきれない
嫉妬深い
死ぬのが怖い
自分を好きになれない
集中できない
素直になれない
せつない
他人を信用できない
取り返しがつかない気がする
取り越し苦労ばかりだ
人気者になれない
場違いな気がする
被害的になってしまう
不安だ
プライドが邪魔する
ぶれる
待てない
見捨てられた気分だ
ムカつくったらありゃしない
面倒くさい
劣等感に押しつぶされそうだ

著者等紹介

春日武彦[カスガタケヒコ]
1951年、京都府生まれ。精神科医。医学博士。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

空猫

37
精神科医、春日氏の人生相談。33項目のよくある悩み事に体験談を含めて診療、分析してあるので説得力がある。どんな悩みも「被害者意識」が強いと厄介だね。悩み事が解決する印象はなく、事例や解説を踏まえて自覚していくしか無いところが実際のカウンセリングに近いのかも。ともあれ読み物として面白く読めた。2022/06/11

西

15
悩みの解決を手軽にこの本に求めてもダメかもしれない。けど、ところどころに自分の一部のような事、あるいは忘れていたような相手のことが思い出されて、ストレートに何かが解決する訳ではないけど、自分の中に新たな視点が出来たような気がする、そんな本。これは時間をおいてまた読み返してみようと思う2022/04/30

澤水月

14
本気で「心の迷いを払拭するよすがに」と、「焦る」「後ろめたい」などに心理状態を33の項目分け。「せつない」を差し挟むのは春日エッセイ真骨頂。特に「嫉妬」「被害者意識」についてはかなり心の持ちよう参照になる。繰り返し「目の前のことをまず、きちんと片付ける」「完璧を目指さない」とあるのは実証的。自身の経験談多くシニカルさ少なめで実に読みやすい。後書きにある「精神の解像度」の例えもわかりやすく「今、辛い人」に勧められる2022/03/18

templecity

8
ネガティブな心の状況を羅列しているが、それぞれをどう解消させるのかという観点は記載されていない。人生相談の回答が様々であるように、これらの症状に対する対応もそれぞれということか。癒しにならない本ではある。 2022/04/10

4
ここに出てくる感情は、全部感じたことがある。 きっと誰もが心のどこかに抱きながら、抱いた経験を持ちながら生きている。 自分だけじゃない そう思うことで楽になる うまく付き合いたい 前向きな思いで心を軽くする 「めんどくさい」からサヨナラして 目の前のことを丁寧に 自分を縮こませる呪縛の綱を 解せるのもまた自分 精神科に行くのとも違う、弱さの自覚と向き合う書

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19292125

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。