河出新書<br> シン・エヴァンゲリオン論

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出新書
シン・エヴァンゲリオン論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年11月27日 18時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 248p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309631356
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0295

出版社内容情報

テレビ版放送開始から26年、完結を迎えた大ヒット作品『エヴァンゲリオン』を詳細に読み解く。新たな戦後日本精神文化史の誕生。

内容説明

一九九五年に始まった庵野秀明監督作品『新世紀エヴァンゲリオン』は、衝撃の最終回を引き金に、一大ブームを巻き起こす。そして二〇二一年、『エヴァ』はついに完結した。四半世紀の間、庵野は『シン・ゴジラ』など実写作品も挟みながら、「虚構と現実」のはざまで、何を求め続けたのか。庵野を中心に制作者の発言を縦横に参照しつつ、その軌跡を論じる試みは、おのずと戦後日本精神史にして「オタク」の成熟の物語となるだろう。

目次

まえがき―『エヴァンゲリオン』という巨大な「インパクト」
1 往相(『新世紀エヴァンゲリオン』;『新世紀エヴァンゲリオン劇場版Air/まごころを、君に』)
2 儀式(『ラブ&ポップ』;『GAMERA1999』;『式日』 ほか)
3 還相(『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』;『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』;『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 ほか)

著者等紹介

藤田直哉[フジタナオヤ]
1983年、札幌市生まれ。批評家。日本映画大学准教授。東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻修了。2008年、「消失点、暗黒の塔」で第3回日本SF評論賞選考委員特別賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ざっく

15
最近は、バタバタしていて本屋と図書館に行けていなかったため、久しぶりの読書。庵野氏がどこまで意図を持ってエヴァンゲリオンを作ったのかはわからないが、本人すら気づかないことを言語化するのが評論家の仕事なのだろう。自分も、その人自身が気づいていない意図や傾向に気づけるようになりたいな。映画や本の感想を書くのは、読書感想文程度の文章量でも難しいのに、それを一冊の本にまとめてしまうのはすごい。単純に、そのコンテンツにかける熱量と努力の量が段違いであるのだろうけど。自分は、なかなかそこまでできないな。2021/07/27

しゅん

9
新たな批評的視点の提示というより、90年代に溢れたオタク的エヴァ論を「シン」まで推し進めた教科書的な感じ。割と苦手な読み解きなはずだけど、なぜか読んでて楽しかったのは展開と構成がうまいからか。ただ、「ショックドクトリン」の用法は違和感。本著だと「世界を変えるためのショック療法」みたいな書き方だけど、元々は「大きな災害などが起きた時に便乗して無理やり政策を通す政治方法」として否定的に用いられた言葉のはずだから、なんの注釈もなく意味を変えるのはよろしくないと思った。2021/08/11

こうめい

7
シンジくんは僕だ!ってすごいわかるなーって、著者より10歳以上年下だけど思った。エヴァに関してもっと深く自分で文章を書きたいと思っているので参考になる。2021/07/09

うさぎや

6
TV版からスタートし、実写作品、新劇場版、そして「シン・ゴジラ」を経て「シン・エヴァ」に至るまでの足跡を追い、その狙いを読み解く1冊。いつでもそこには「現実」への問いがあったということで。2021/06/30

kkkともろー

5
かなり本格的な評論。『エヴァンゲリオン』を追うことがそのまま1955年以降の日本文化を語ることになる。それほどの社会現象。劇場版最終作で「成仏」した人が多いというのは納得。2021/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17899707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。