• ポイントキャンペーン

河出ブックス
「戦後」はいかに語られるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624983
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0321

出版社内容情報

なぜこの国の「戦後」は終わらないのか。どの世代がどの立場から語るかによって異なる相貌を見せる「戦後」の構造を炙り出す。

成田 龍一[ナリタ リュウイチ]
1951年、大阪市生まれ。日本女子大学人間社会学部教授(近現代日本史)。『近現代日本史と歴史学』『「戦争経験」の戦後史』『大正デモクラシー』『〈歴史〉はいかに語られるか』など。

内容説明

繰り返される「戦後○○年」。なぜ、この国の「戦後」は終わらないのか―。世代によって歴史観・世界観はどのように異なるのか、3・11以降、いったい何が変わったのか…誰が、どの立場から語るかによって異なる相貌を見せる「戦後」の文法を炙り出し、戦後史叙述の新たな地平を拓く。

目次

はじめに―「戦後日本史」のこわさと面白さ
第1章 「戦後の文法」のために
第2章 「悔恨」をめぐる戦後史
第3章 「社会」と「私」をめぐる戦後史
第4章 現代社会のなかの戦争像と戦後像
第5章 貧困×ジェンダー×戦争―「戦後の文法」のために2

著者等紹介

成田龍一[ナリタリュウイチ]
1951年、大阪市生まれ。日本女子大学人間社会学部教授(近現代日本史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

渓流

1
なぜ、この国の「戦後」はいつまでも終わらないのか、と言う帯のコピーに魅かれて手に取ったが、全くの期待外れ。宇宙語のような日本語で書かれており、何を言っているのか理解できない。吾輩の頭が悪いのか、筆者の自己満足の文体が異形なのか、論理構成が悪いのか。草々に放擲。 2016/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11229063

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。