河出ブックス
未来の社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624761
  • NDC分類 361
  • Cコード C0336

出版社内容情報

「未だ来たらざるもの」を人間はいかに想像し、思考してきたか――。未来の「取り扱い方」と社会のあり方との関係を浮き彫りにする。

【著者紹介】
1962年、東京都生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専攻は社会学・都市論・メディア論。著書に『熱い都市 冷たい都市』『漱石のリアル』『未来都市は今』『郊外の社会学』『社会学入門一歩前』など。

内容説明

未来、すなわち「未だ来たらざるもの」を、私たちは想像し、思考し、それに社会的な意味や機能を与えてきた。そもそも時間とは何か。古今東西、人類はいかに「未来」を語ってきたか。そして、いかにそれを熱烈に待望し、それに希望を見出し、あるいは、とりつかれてきたか―さまざまな時代と社会における未来の「取り扱い方」を問い直し、未来が失われたかのような現在のリアリティを照射してみせる、社会学的冒険の書。

目次

第1章 未来のありか、時間のありか(時間は存在しない?;未来の時間と事物はどう存在するか)
第2章 時間の形と未来の来方(さまざまな未来;時間の見方と歩き方)
第3章 近代における未来(旅と発見、進歩と発展―近代的未来の地形と風景;近代的未来の条件(1)―過程としての歴史
近代的未来の条件(2)―資本制=ネーション=国家と科学技術)
第4章 未来の現在(未来の見える窓;現在における未来)

著者等紹介

若林幹夫[ワカバヤシミキオ]
1962年東京生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。博士(社会学)。現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は社会学、都市論、メディア論、時間・空間論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

20
未来と呼ぶのは、世界のなかの事物の振動や反復や継起を時や類似の同一の言葉、範疇で表象し、対象化する時の今よりも後の時のこと(41頁)。非同一性の同一性のなかに未来の時間がある(42頁)。中江兆民『三酔人経綸問答』の洋学紳士曰く、遅れた地域と進んだ地域、遅れた国民と進んだ国民がいるという指摘がある(148頁)。何を基準に遅れ、進んでると見なすか? 年初の早々の課題である。2015/01/01

takao

1
ふむ2021/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8305175

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。