河出ブックス
「地元」の文化力―地域の未来のつくりかた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624754
  • NDC分類 361.7
  • Cコード C0336

内容説明

文化が人と人とをつなぎ、「地元」の可能性をたぐり寄せる―。Uターン、Iターン、そしてSターン…人の移動のありようと、地域文化に生きる人びとの姿から、日本の地方の現在を活写。分野を超えて集った書き手たちが、フィールドワークとデータ分析をふまえながら、これからのこの国のかたちを展望する。

目次

第1章 それぞれの地元の唯一の解
第2章 ほどほどの隣人、ほどほどの他人―「Sターン」の時代に
第3章 地域文化2・0―海外からのまなざし、海外とのつながり
第4章 風の女神たち―度胸と愛嬌の女性リーダーたち
第5章 アートなプロジェクトたちの妄想力
第6章 アンチ東京化―市場経済のなかの地域文化
第7章 全国調査データでみる地域文化活動の「平均像」
第8章 参加のパラドクスと地域社会のゆくえ

著者等紹介

苅谷剛彦[カリヤタケヒコ]
オックスフォード大学教授(現代日本社会論・教育社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

Uターン・Iターンといった人の移動と、地域文化に生きる人びとの姿から、日本の「地方」の現在を活写。未来への手がかりを見出す。

【著者紹介】
1955年、東京都生まれ。オックスフォード大学教授。専攻は教育社会学、比較社会学、現代日本社会論。『階層化日本と教育危機』『大衆教育社会のゆくえ』『教育の世紀』『知的複眼思考法』など。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件