河出ブックス
ベースボール労働移民―メジャーリーグから「野球不毛の地」まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624549
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0375

内容説明

「出稼ぎ」や「バケーション」、はたまた「自分探し」のために、世界各国でプロ野球を職業とする者たち―。華やかな“スポーツセレブ”としてのメジャーリーグを観戦するだけでは伝わってこない、グローバルレジームに飲み込まれる世界のプロ野球の過酷な現実とは…。世界17か国298のフィールドを踏破した気鋭の研究者が描き出す、まったく新しい野球‐社会論。ワールドベースボールクラシックの見方も大きく変わる。

目次

第1章 ベースボール・レジーム―変容するスポーツ労働移民の枠組み
第2章 文化ヘゲモニーからベースボール・レジームへ―ドミニカ
第3章 「抗争の場」としての野球場―メキシコ
第4章 「プロ野球選手」というバケーション―イスラエル
第5章 開発援助が生むプロアスリート―ジンバブエ
第6章 「脱領土化」した周辺としての独立リーグ―日本・韓国・中国

著者等紹介

石原豊一[イシハラトヨカズ]
1970年大阪府生まれ。立命館大学大学院国際関係研究科博士後期課程修了(博士国際関係学)。専門はスポーツ社会学。野球のグローバル化と、それに伴うアスリートの移動について研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぺぱごじら

11
野球エッセイかと思ったらビジネス勉強本だったでござる、という一冊(笑)。普段仕事で論文を沢山読んだりすることもあるのだけれど、正直『論文調』ってセンテンスが長いから好きになれない(苦笑)。それでも読み進めていくと、何となくのめり込んでしまう、噛めば噛むほどの『スルメ本』。野球もサッカーも好きな人なら、双方の相違点がより明快に理解できるはず。なぜ観客が少なくてもWBCは必要なのかがわかったように感じます。2013-992013/07/23

みなみ

2
各国の具体的な野球の有り様をレポートした内容がメインなのかと思って読み始めたら、文化論、経済論がベースにある本だった。イスラエルやジンバブエについてはよく知らなかった(イスラエルは国際試合で見たけど)ので勉強になった。東アジアのところを先に読んだら、日本の帝国主義に沿って野球が植民地に広がっていって(台湾、韓国)それはそのとおりなんだろうけど、これも侵略のいち形態なのかと考えさせられた。2019/01/28

ああああ

1
ジンバブエ人初のプロ野球選手シバンダの観察からは、以下の諸相が窺えた。(1)スポーツ普及のための先進国の開発援助、(2)その結果として生まれる従来の枠組みでは捉えにくいスポーツ労働移民、そして、(3)開発援助による普及先をも新たな労働力貯水池として包摂するグルーバルナプロスポーツのネットワーク、である。P.152 ここで取りあげたジンバブエ人野球選手は、日本でのプレーに伴う金銭的魅力を語りながらも、競技力の向上や文化的な興味も移動要因として挙げていた。その姿は経済的な要因よりも文化的関心から国際移動を2021/07/07

Humbaba

1
その労働環境がよいものなのか悪いものなのか.それに対する絶対的な評価というものは難しい.例えある選手にとっては劣悪な環境であっても,自分の国ではもっと酷い環境が普通であれば,夢の様な生活かもしれない.ひとは,評価をするときには自分の智識から相対的に評価する以外の術を持たない.2013/04/26

ryooyr

0
これを読んでプロスポーツ選手に対するイメージが変わった。いや増えた。下位のカテゴリーにいる選手は能力を磨き上のカテゴリーでプレーすることを目指し日々励んでいると単純に想像していたが、実際にはそうした選手はむしろ少数派であり、その少数なエリート用の噛ませ犬として野球労働者や野球フリーターとでも呼ぶべき人達がプロ選手として存在しているとは2013/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6324795

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。