河出ブックス
失われたものを数えて―書物愛憎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624266
  • NDC分類 904
  • Cコード C0395

内容説明

文学と書物の世界にかつてあって、いまは失われてしまったものを数えあげる―痛快でありながらどこかほろ苦い、読書家たちへのレクイエム。

目次

序章 人生に思い迷いながら
第1章 情熱の嵐とともに
第2章 女の園に迷いこみ
第3章 理科系青年に支えられ
第4章 俗と聖のあいだで
終章 いつもそばに死が

著者等紹介

高田里恵子[タカダリエコ]
1958年、神奈川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、桃山学院大学経営学部教授。専門はドイツ近代文学、日本におけるドイツ文学研究とドイツ文学受容の歴史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。