怪異の民俗学<br> 妖怪 (新装復刻版)

個数:

怪異の民俗学
妖怪 (新装復刻版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 03時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 452p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309618128
  • NDC分類 388.1
  • Cコード C0339

出版社内容情報



小松 和彦[コマツ カズヒコ]
編集

内容説明

妖怪研究は、人間研究である。民俗学の古典のみならず幅広い分野から重要論考を精選、日本文化の多様さ・奥深さを知るテーマ別アンソロジー。

目次

1 総論(妖怪変化の沿革(江馬務)
妖怪(今野圓輔) ほか)
2 妖怪の歴史(付喪神(澁澤龍彦)
妖怪画と博物学(中沢新一) ほか)
3 妖怪の民俗学(女と妖怪(宮田登)
ミカワリバアサンと八日ゾ(岩堀喜美子) ほか)
4 妖怪と現代文化(狸とデモノロジー(柳田國男)
妖怪と現代文化(小松和彦) ほか)
5 妖怪の民俗誌(小豆洗い(清水時顕(中山太郎))
小豆洗いに就て(大野芳宜(柳田國男)) ほか)

著者等紹介

小松和彦[コマツカズヒコ]
1947年、東京都生まれ。国際日本文化研究センター名誉教授。専門は文化人類学、民俗学。長年、日本の怪異・妖怪文化研究を牽引してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

67
本シリーズの他の巻は「鬼」や「河童」等と割とイメージしやすい物が多いのであるが、本書は題材が「妖怪」というだけあり、その名通り全体的にどこか漠として掴みがたい。妖怪の全体像に触れたのは冒頭の「総論」だけで、後は付喪神や小豆とぎ、首無し馬や舟幽霊といった個々の妖怪について書かれた論文ばかり。これはこれでどれも面白いものばかりだけど、やはりこのような細部を見つめているとやはり全体像がどこかぼやけて見えてしまう。そのぼやけ具合が何となく妖怪に相応しいような…。その意味で本シリーズを代表するような一冊でした。2022/11/13

らむだ

4
シリーズ二作目。Ⅰ:総論で大枠を示す。Ⅱ:付喪神から化物尽までの妖怪の歴史を外観。続くⅢ・Ⅳ・Ⅴで具体的な妖怪の話を過去から現代、東から西へと展開していく。2023/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19891472
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。