14歳の世渡り術<br> 死体が教えてくれたこと

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり

14歳の世渡り術
死体が教えてくれたこと

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年05月22日 18時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309617152
  • NDC分類 490.1
  • Cコード C0347

内容説明

「君たちは、何をしたいだろうか。与えられた命を、どう生きていくのだろうか」2万体の検死解剖を行った法医学の第一人者が、若者に向けて命の大切さを伝える。

目次

第1章 私は監察医という仕事をしています(事件や事故で死ぬ人びとがほうむられるまで;監察医制度は全国制度ではない ほか)
第2章 なぜ監察医になったのか(「赤ひげ」だった父;医は仁術なり ほか)
第3章 2万体の死体と語った(忘れられない事件;初めて見た刑事の涙 ほか)
第4章 人が死ぬということ(いじめによる自殺;死にたいは、生きたいということ ほか)
第5章 未来を生きる君たちへ(死とは生きるということ;自分とは何なのか ほか)

著者等紹介

上野正彦[ウエノマサヒコ]
1929年、茨城県生まれ。医学博士。元東京都監察医務院院長。54年、東邦医科大学医学部(現・東邦大学医学部)卒業後、日本大学医学部法医学教室に入る。59年、東京都監察医務院監察医となり、84年に同院長に就任。89年に退官後は法医学評論家として執筆、テレビ出演など幅広く活躍。厚生省医道審議会委員(死体解剖資格審議部会)、杏林大学医学部客員教授、日本被害者学会理事なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2万体の検死解剖を行った法医学の第一人者が初めて若者に向けた一冊を出版。命の大切さを89年の生涯を振り返りながら説く。

上野 正彦[ウエノマサヒコ]
著・文・その他