14歳の世渡り術<br> 昆虫たちの世渡り術

個数:

14歳の世渡り術
昆虫たちの世渡り術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月20日 13時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309617039
  • NDC分類 486
  • Cコード C0345

内容説明

熾烈な世界を生き延びる、巧妙な仕組みと驚くべき戦略!!

目次

1 「敵が来たら、とにかく隠れよ!」“擬態”―ナナフシの事情(困ったら「フリ」をする虫たち;擬態せざるを得ない虫たちの世界 ほか)
2 「そんなあなたも共犯者。」“共生”―シジミチョウとアリの腐れ縁(昆虫と共に暮らしている;植物と昆虫との共生 ほか)
3 「僕の体を食べて!」“求愛”―ハラビロカマキリの胸の内(昆虫の恋愛観;どのようにして性は誕生したか ほか)
4 「群れよ」“集団行動”―働きバチの人生設計(群れながら“個”でいたい人間;「群れ」は昆虫界では異例のスタイル ほか)
番外編 嫌われものの虫 大研究(嫌われることで生き延びる?;身近なだれかが虫が苦手。 ほか)

著者等紹介

海野和男[ウンノカズオ]
1947年東京生まれ。昆虫写真家。東京農工大学の日高敏隆研究室で昆虫行動学を学ぶ。大学時代に撮影した「スジグロシロチョウの交尾拒否行動」の写真が雑誌に掲載され、それを契機に、フリーの写真家の道を歩む。アジアやアメリカの熱帯雨林地域で昆虫の擬態を長年撮影。1990年から長野県小諸市にアトリエを構え身近な自然を記録する。日本自然科学写真協会会長、日本動物行動学会会員、日本写真家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人間が身を守る方法と、昆虫の保身術は驚くほど似ているー生態系の下位にいる虫達が熾烈な世界で生き抜くユニークな生存戦略を伝授!

海野 和男[ウンノ カズオ]
1947年生。昆虫写真家。東京農工大学の日高敏隆研究室で昆虫行動学を学び、アジアやアメリカの熱帯雨林地域で昆虫の擬態を長年撮影する。日本自然科学写真協会会長、日本動物行動学会会員、日本写真家協会会員。