アクティブ・ラーニングで身につく発表・調べ学習〈2〉調べ学習で情報を集めよう

個数:
  • ポイントキャンペーン

アクティブ・ラーニングで身につく発表・調べ学習〈2〉調べ学習で情報を集めよう

  • ウェブストアに35冊在庫がございます。(2016年12月06日 15時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784309613123
  • NDC分類 K375

内容説明

この本で、今求められている「アクティブ・ラーニング」の考え方を知り、調べ学習における情報の集め方を身につけていきましょう!

目次

1章 図書館で調べてみよう(図書館ってどんなところ?;読みたい本を見つけよう;知りたいことを調べてみよう)
2章 取材して調べてみよう(取材って何だろう?;取材を申しこもう;手紙などで取材しよう;取材が終わったら)
3章 実際に体験して調べてみよう(体験してもっとテーマに近づこう)
4章 インターネットで調べてみよう(インターネットってどんなもの?;知りたい情報を見つけよう;情報をしっかりと確認しよう)

著者紹介

中村昌子[ナカムラマサコ]
各教科授業内での発表やディベートのほか、自らテーマを選び発表する「フリータイム学習」や「オペレッタ」上演など、教育カリキュラムにさまざまな種類の発表(アクティブ・ラーニング)を社会に先がけて取り入れている東京学芸大学附属大泉小学校で、主幹教諭として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「アクティブ・ラーニング」を生かした「調べ学習」における情報の集め方を、豊富な図解とイラストを交えて解説した1冊です。

東京学芸大学附属大泉小学校[トウキョウガクゲイダイガクフゾ]

中村 昌子[ナカムラ マサコ]
小学校教員として、発表やディベートのほか、自らテーマを選び発表する「フリータイム学習」や「オペレッタ」など、さまざまな種類の発表を取り入れている。