KAWADE夢新書<br> 面倒くさい人のトリセツ―職場の“ストレス源”に翻弄されない知恵

個数:

KAWADE夢新書
面倒くさい人のトリセツ―職場の“ストレス源”に翻弄されない知恵

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年02月27日 04時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309504117
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0211

出版社内容情報

どこの職場にもいる「面倒くさい人」に、対応しているフリを演じつつ、肩すかしのような「対人術」で自分を守る知恵。

内容説明

職場での人間関係のストレスはつらい。理解しがたい人物は、いろいろといる。でも、そんな人も何らかの心理法則で行動している。それを読み解き、取り扱いのツボさえ押さえれば、一方的に振りまわされるような日常から、あなたは解放される!

目次

プロローグ イライラさせられるあの人から逃れたい!
第1部 面倒くさい人“12タイプ”の心理とトリセツ(やたらと対抗心を燃やす人;傷つきやすく、すぐ落ちこむ人;人の手柄を平気で横取りする人;すぐ怒り、怒鳴り散らす人;やたら自己アピールしたがる人 ほか)
第2部 面倒くさい人と賢くつきあう5つの極意(相手を変えようと思わない;相手とわかり合おうとしない;被害を最小限にすることを考える;相手の心理メカニズムを知っておく;自分の気持ちを制御する)

著者等紹介

榎本博明[エノモトヒロアキ]
1955年、東京生まれ。東京大学教育心理学科卒。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授等を経て、現在、MP人間科学研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。