Kawade夢新書
自分磨きの時間のつくり方・使い方―「ムダな時間」を「価値ある時間」に変える技術とは?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309502496
  • NDC分類 159
  • Cコード C0276

内容説明

自分を磨いて、人間としての成長ができれば、豊かで満ちたりた毎日が送れるはず。でも現実は…仕事や雑用に追われ、自分の時間を確保するなど至難。また時間があっても、どう使ってよいかわからず、ムダに過ごしてしまう。限られた時間の中で自分を磨く時間をどう生みだし、どう過ごしたらよいか―を教える現代人必読の書。

目次

序章 自分磨きの時間とは―見過ごしている時間を「価値ある時間」にするために
1章 能力磨きの時間のつくり方―「時間がない」のではなく見落としているだけだ
2章 時間効率を高める頭脳の鍛え方―時間をフルに活かす「選択力と集中力」を身につける
3章 中身磨きの時間の活かし方―多忙なときこそ自分を磨く絶好機だ
4章 心を磨く時間の楽しみ方―「知的時間」を過ごすための24の特撰メニュー
5章 人生時間の考え方―不透明な時代だから「ライフデザイン」を描こう
終章 おだやかな時間・人生を手に入れる―「自分磨き」ができれば人生の意味が変わる

著者等紹介

野村正樹[ノムラマサキ]
1944年、神戸市生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。67年、サントリー(株)入社。営業部、宣伝部、マーケティング部などで活躍。79年に流行語「シティ・ウォッチング」を提唱し、トロピカル・カクテル、ブランデーアメリカンほかのキャンペーンをヒットさせる。86年には『殺意のバカンス』で推理作家としてデビュー、91年に『シンデレラの朝』で日本文芸大賞現代文学賞受賞。93年、サントリーミュージアム「天保山」開館を推進し、広報部長を歴任。95年、独立し、マーケティング、サラリーマンのライフデザイン、トレンド、広告、推理小説などの著作・講演活動に専念。日本推理作家協会、日本ペンクラブ、日本文芸家協会会員。慶応義塾大学講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yasuaki Miyauchi

0
多忙なときこそ自分を磨くチャンス

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22342

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。