Kawade夢文庫
上方庶民の朝から晩まで―江戸の時代のオモロい“関西”

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 220p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309497457
  • NDC分類 216
  • Cコード C0121

出版社内容情報

天皇が住んでいた都・京都、天下の台所といわれた大阪。そんな他の地方とは異彩の伝統と独特の文化をもつ「上方」は、興味深い話の宝庫。遊びから食、商売、政治まで、オモロい上方の暮らしぶりに迫る!

内容説明

江戸の時代、上方庶民は何を食べ、どんな遊びやオシャレを楽しんだ?独自の“気質や文化”を育んだ、歴史的・地理的背景とは?江戸っ子も舌を巻くパワーの源がわかる。

目次

1 こだわりの衣食住、スゴイでっせ―知恵と工夫がいっぱいの上方庶民の暮らしぶり
2 「儲かりまっか」「ボチボチでんな」―天下の台所・大坂で豪商に成り上がる秘訣って?
3 「安くて美味い」が自慢だす―うなぎ、すし、スッポン…上方はグルメの本場だった!
4 こりゃオモロい、傑作ですわ―庶民が笑い、学び、涙した上方カルチャーは大賑わい
5 ときにはパーッといきまひょ―ハレの日や骨休めには何をして楽しんだ?
6 江戸との違い、よう覚えてや―そもそも「上方」ってどんな世界だった?
7 大坂城からして秘密がぎょうさん―上方っ子も首をひねる歴史の謎にツッコミを入れる