KAWADE夢文庫<br> 日本史をつくった刀剣50

個数:
  • ポイントキャンペーン

KAWADE夢文庫
日本史をつくった刀剣50

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年08月09日 11時03分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309485300
  • NDC分類 756.6
  • Cコード C0121

内容説明

室町将軍が最期に振るった大典太光世、桶狭間の戦いで信長が分捕った義元左文字、源頼朝以降、武人の間を渡り歩いた骨喰藤四郎…。武将、将軍、天皇を魅了した刀剣のすべて!

目次

1章 数奇な運命をたどった天下五剣
2章 源平のつわものと命運を共にした名刀
3章 足利将軍家の盛衰を物語る宝刀
4章 義に生きた武人・上杉謙信の佩刀
5章 風雲児・信長が蒐集した「名物」
6章 太閤・秀吉自慢の刀剣コレクション
7章 幕藩体制を築いた徳川家の秘蔵刀
8章 奥州の雄・伊達政宗が愛した刀

著者等紹介

三浦竜[ミウラリュウ]
東京生まれ。編集者を経て、執筆業に専念。以来、新聞・雑誌・書籍を舞台に、歴史・文化を中心に硬軟自在の切り口で作家活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

平安時代につくられ、足利将軍家、秀吉、家康……と渡っていった「童子切安綱」をはじめ、驚きの歴史エピソード満載の名刀を紹介!