河出i文庫<br> 隣の熟女妻―官能アンソロジー

個数:

河出i文庫
隣の熟女妻―官能アンソロジー

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年02月19日 21時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309481890
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

元子役の美人妻・愛は傾きかけた夫の会社のため、その身体を差し出すことになり…。「奥様は名子役」/ビル窓拭き人の透司が目撃した真昼の情事。そのセクシーな年上美女が彼の前に突然現れて。「あなたと、揺れている」/無意識の万引き行為をネタに男に嬲られる美熟女・園佳。「恥辱の身体検査」/他、「情欲の美容室」「教授夫人の身体検査」など、美しき熟女妻たちのとめどない性と愛をえがいた書き下ろし5編を収録。

著者等紹介

渡辺やよい[ワタナベヤヨイ]
早稲田大学在学中に「花とゆめ」で漫画家デビュー。その後、レディースコミックに移行し、「レディコミの女王」の異名をとる。漫画だけではなく、小説・エッセイ・コラムなど幅広いジャンルで創作を続ける。2002年、小説『そして俺は途方に暮れる』(双葉社)で新潮社の第二回R‐18文学賞読者賞を受賞

真島雄二[マジマユウジ]
1966年、東京生まれ。人妻・女教師ものを中心に幅広いジャンルの官能を描く実力派。別ペンネームの「深町薫」「緋色煌二」名義でアダルトゲーム小説やオンライン小説も多数執筆している

うかみ綾乃[ウカミアヤノ]
作家、ミュージシャン。2011年『指づかい』(幻冬舎アウトロー文庫)でデビュー。『窓ごしの欲情』(宝島社文庫)で日本官能文庫大賞新人賞を受賞

館淳一[タテジュンイチ]
1943年、北海道生まれ。日本大学芸術学部卒業後、芸能記者等を経て1975年「別冊SMfan」にハードバイオレンス小説「凶獣は闇を撃つ」を発表し作家デビューする。以後、主にSM小説を発表し続けている

鷹澤フブキ[タカザワフブキ]
OL・秘書などを経て、1999年『禁虐オフィス』で官能作家としてデビュー。熱烈な刺青愛好家でもあり、自身の背中にも「羽衣天女」が彫られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。