河出文庫<br> 「人間」を超えて―移動と着地

河出文庫
「人間」を超えて―移動と着地

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 279p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309472607
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0136

内容説明

エイジズム(高齢者差別)とセクシズム(性差別)が蔓延するこの社会の中で、人はいかに生き、いかに「老い」を迎えるべきか―。「老い」「セクシュアリティ」を中心テーマに、四十歳を間近にした女性社会学者と六十歳を目前にした哲学者が、十八回にわたって交わしたラディカルな往復書簡。切り離すことのできない「老若」と「男女」の問題の深層を探る刺激的な快著。

目次

〈人間〉を超えて
ライフ・サイクル変相
アラビア海の落暉
夏の終わりに
老いのセクシュアリティ
逆光からの照射
子どもの時間
現実との生命的接触
多極化する自我
自由のなかの不自由
時代の気分は老人性
カオスは3
〈着地〉する思想
移動する境界
「いま・ここ」にないものへ
哲学的還暦
〈デカルトの脚注〉という意味〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Masa

0
1989年刊行というから丁度30年前。というから昭和から平成に代替わりの年。そして当時中村氏60歳、上野氏40歳。中村氏は2017年に死去されたが、上野氏は今年の東京大学入学式の祝辞が話題になっている。そんなことで積読になっていた本を引っ張り出した。往復書簡や対談形式本は両者の会話について行けなった段階で、取り残され感が辛く、無知を恥じ入るばかり。2019/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/240195

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。